相武紗季 « 芸能人の彼氏・彼女の噂や、演技や歌の評価なら芸能人情報データベース

相武紗季

学生に大人気、様々なドラマでヒロインを演じている相武紗季さんの情報です

相武紗季さんの気になる噂(彼氏情報など)

相武紗季さんの演技や、出演作品のレビュー

相武紗季さんにまつわるエピソード

相武紗季さんの出演動画

相武紗季さんの基本情報



相武紗季さんの気になる噂(彼氏情報など)

相武紗季と噂になった有名人
相武紗季のゴシップ
相武紗季は「イケイケ肉食系女子」数々のエピソードが・・・


相武紗季さんの演技や、出演作品のレビュー

相武紗季のいちばんよかった役は?
【どっちが勝ち組でショー】 相武紗季VS北川景子どっちが上手?『ブザー・ビート』キス対決!
相武紗季さんって演技力下手な女優さんなんでしょうか? 個人的に可愛くて好きなん…
NECK ネックの評価


相武紗季さんにまつわるエピソード

相武紗季、海で死にかけたエピソードを披露!ふんどし姿の祖父に胸キュン!
「サヨナラの恋」相武紗季インタビュー 浮気されたら「平手打ちして、その日から連絡なんてしません!」


相武紗季さんの出演動画

他の出演動画をみる


基本情報(wikipediaより抜粋)

相武 紗季(あいぶ さき、1985年6月20日 – )は、兵庫県宝塚市出身の女優である。愛称「ぶってぃー」「さきっちょ」「アイブー」「ぶっちぃ」「サキサキ」。

エピソード

「相武」という名字は珍しく、よく芸名と間違えられる。
愛称は「アイブー」、「ぶっちぃ」、「さきっちょ」、「相武ちゃん」、「サキサキ」。親しい友人からは『ぶってぃー』とも呼ばれている。
特技は、小学校から高校まで続けていたシンクロナイズドスイミング、競泳(平泳ぎ)。
競泳(平泳ぎ)は、中学生時代、宝塚市の大会で1位になった事がある。中学・高校では、水泳部で副部長を務め、“鬼の副部長”として恐れられるほど、後輩を厳しく指導していた。また、部員全員の練習メニューを自ら作成していたという。
シンクロにおいては、オリンピックで見た小谷実可子に憧れて小学4年から始め、一時期は選手を目指すほど打ち込み、宝塚市の代表を務めた事もあるが、将来、オリンピックに出場出来ない事を思うようになり、中学3年生で断念。それ以降は、前述の競泳に打ち込んだ。
小学5年の頃から、本格的に始めた水泳で鍛えた身体は筋肉質だが、陸上競技は苦手。ただ、持久力には自信を持っている。
87mという潜水記録をもっている。
ドラム演奏は、中学生時代に父親の影響で始めている。一部雑誌インタビューの手違いで学園祭でバンドを組み演奏したとされているが、実際は計画止まりであった。2010年8月16日「しゃべくり007」では高校当時バンド結成しドラムをしていたと語った。2005年に公開された映画『ビートキッズ』や、2006年に放映された明治安田生命のCM内で、その腕前を披露している。
好きな芸人は、チュートリアルの福田充徳であるとテレビで公言している。福田とは、何度かテレビで共演を果たしたり、ハワイの空港ですれ違った事もある。 チュートリアルのDVD(チュートリアリズム)も持っている。
父親が大の巨人ファンであるため「自分もどちらかと言えば巨人ファン」と公言している。大の高校野球ファンでもあり、甲子園ガールを務めたこともあるほどの野球好き。
B’zとボン・ジョヴィ、SPEEDのファンである。
趣味は、読書。特に、ミステリー小説を愛読している。好きな作家は宮部みゆき、恩田陸、伊坂幸太郎など。その他の趣味は、音楽鑑賞、料理。特に料理は、テレビのバラエティ番組で数々披露しており、ぶり大根が得意だという。
自ら酒好きを公表しており、お気に入りのお店は、ダーツバーと焼き鳥屋。
男子高校生や男子大学生にかなり人気がある。理想のタイプとして選ばれることが多い(2006年6月19日放送の『芸恋リアル』(読売テレビ制作・日本テレビ系)で発表された、「全国一万人大調査 恋人にしたい女性ランキング」では第4位にランクインした)。
ペットは、希少犬のボロニーズ(メス)。名前は『みゅー』。2006年9月に飼い始めた。
高校2年生の頃にスカウトされ、上京を決心した時、父親から「中学から一緒の友達と卒業出来なくていいのか?」と言われ、説得するのに時間がかかったという。
家族と離れて暮らすようになって以来、毎年父親に手編みマフラーをプレゼントしている。
座右の銘は、地元を離れる際に親友から送られた言葉「幸せの雨が降りますように」である。
『とんねるずのみなさんのおかげでした』に出演した際、神社めぐりが好きと話しており、自身の運転で長野県の戸隠神社に友人と行ったと話している。
2010年4月1日放送アメトーーク「人見知り芸人」にて、「前回の放送をテレビで見て、自分も人見知りだからすごい共感した」という理由でゲスト出演し、自身の人見知り談を披露している。
顔立ちの特徴が似ていることから、幼少期は寺本純菜という子役が演じることが多い。
2010年8月17日放送の「森田一義アワー 笑っていいとも!」の「合計100を超えたら負け」のコーナーにてファーストキスの年齢が16歳であることを明かした。
仲の良い芸能人は、南海キャンディーズの山崎静代。また、吹石一恵とは『華麗なる一族』共演以来の親友である。