秋元才加 « 芸能人の彼氏・彼女の噂や、演技や歌の評価なら芸能人情報データベース

秋元才加

強く、気高く、美しく!チームKキャプテン、秋元才加さんの情報です
秋元才加

秋元才加さんの気になる噂(彼氏情報など)

秋元才加さんの演技や、出演作品のレビュー

秋元才加さんにまつわるエピソード

秋元才加さんの出演動画

秋元才加さんの基本情報



気になる噂(彼氏情報など)

AKB48で不仲がウワサされる板野友美と秋元才加の仁義なき戦い
AKB秋元才加が『いいとも』でお詫びw
秋元才加のただならぬ噂!!彼氏は・・・!?【垂れ込み】 


歌唱力や、演技力のレビュー

AKB48の秋元才加さんの魅力について教えて下さい。
マジすか学園での秋元才加さんの落ち着いた演技とあの表情はものすごくうまかった…
AKB48は歌唱力がないと思う方。 ↓これをどう思いますか? 秋元才加「ペガサス」 ht…


エピソード

秋元才加のAKBペディア
秋元才加とメンバーのジーンとくるエピソード
AKB48 秋元才加の面白い発言やエピソードはありますか?


出演動画

他の出演動画をみる


基本情報(wikipediaより抜粋)

秋元 才加(あきもと さやか、1988年7月26日 – )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループAKB48チームKのメンバーである。同チームではキャプテンを務める。
千葉県船橋市出身。office48所属。

人物

日比ハーフ(母親がフィリピン人)。英会話が得意な一方、フィリピンの公用語の一つであるタガログ語は苦手。
愛称は「さやか」「さぁや」が主。倉持明日香からは「もっさん」と呼ばれている。また、ファンの間では「オカロ」と呼ばれることもある(大島麻衣の命名による。『才加』が分解すると『オカロ』と読めることに由来)。さらに「姉さん」、「兄貴」と呼ばれる(主に『AKB48のオールナイトニッポン』で)こともあるが、本人は否定的。
小学校時代に児童会活動をしていた[5]。
千葉県内の公立高校に在籍していた[6]当時、スピーチコンテストに出て、落語を英語で喋った。
好きな歌手は、ジャニス・ジョプリン、マイケル・ジャクソン、尾崎豊。最も好きな尾崎の楽曲は「Forget-me-not」[7]。また、『AKBINGO!』の企画「DANSO甲子園」ではマイケル・ジャクソンに扮したことがある。
筋肉が付きやすい体質[8]。合気道2段の持ち主で、『めちゃ×2イケてるッ!』では暴走した江頭2:50をローキックで一蹴する場面があった[9]。学生時代には、バスケットボール部と陸上部を掛け持ちしていたが、「長距離走は苦手」[10]。バスケットボール部では市選抜などにも選ばれたことがあり、ポジションはセンターであった[要出典]。
マイケル・ジャクソン、尾崎豊、真矢みき、さくらまや、ヒツジ、ヤギ、SPEED、松浦亜弥のコンサートなどの物真似をレパートリーとして持っている。
高所恐怖症[11]、かつ絶叫系アトラクションが苦手。『週刊AKB』の企画で東京ドームシティアトラクションズの「サンダードルフィン」および「タワーハッカー」に乗った際には泣き叫んだほど[12]。
好きな男性のタイプは、芸能人で言うと田辺誠一[13]。
弟がいる。

AKB48関連

キャッチフレーズは「強く、気高く、美しく」。
所属事務所が同じでメンバー内でも身長が高い宮澤佐江と合わせて「ツインタワー」という愛称で呼ばれ、行動を共にすることが多い。双方認める親友[14]。また、宮澤の母親ともメール友達[15]。
運動神経が良く、『週刊AKB』の運動会や球技大会企画などでは、ボールさばきが上手いことやロングシュートを放つことから、「AKB48の三井寿(『SLAM DUNK』の登場人物)」と言われている[16]。ドッジボールはやや苦手[17]。
「男前」な性格。メンバーは「カッコいい」と口を揃えて評する。『AKBINGO!』のドッキリ企画で大堀恵の携帯電話が熱々の鍋に水没した時に、真っ先に駆けつけ素手ですくい上げる[18]、他のメンバーによって放り出されたトカゲやウナギを救出した、AKB48が第59回NHK紅白歌合戦への出場を逃した際、「この悔しさをこの身に刻み込もう、忘れないようにしようと思って」紅白歌合戦が行われる直前のある日にNHKホールへ自ら赴いた[19]など、数々のエピソードがある。
一方、自身は「可愛い」と言われたいと思っているという[20]。「前向きに、ポジティブになれるから」という理由で「その日に人から褒められたことを手帳に書き込んでいる」など、乙女らしい一面も持つ[21]。
劇場公演で、隣で踊っていたメンバーに自分の拳が当たり、相手の歯を折ってしまったことがある[22](歯を折られた不運なメンバーは野呂佳代)。
英語を得意とするため、AKB48の日本国外公演において「大声ダイヤモンド」など英語バージョンの楽曲を歌う際にはメインボーカルを務める。また、『めちゃ×2イケてるッ!』の「抜き打ち期末テスト」企画に参加した際には、受験した5教科のテスト中、英語の点数が最も高かった。同企画では、国語や理科においても上位3名に入ったが、社会は苦手科目であるがゆえ、総合最下位となった重盛さと美の得点を下回る44点を記録、同教科では全参加者12人中最下位となった[6]。
『AKB48 NY公演 supported by スカパー!HD』参加のため、他15名のメンバーとともにニューヨークを訪れた際、『AKB48ネ申テレビ』の企画で「RIVER」のPVを現地クリエーター2名に依頼して作成するために、セントラル・パークで全16人の即興オーディションを行い、各クリエーターが自分が選びたいメンバーを指名する方式を取ったところ、2名とも秋元を1位指名したため、秋元のみクリエーターを逆指名をする形となった[23]。
長距離走が苦手であることは前記したが、2010年の騒動によるチームKキャプテン辞任以降「支えてくれた方々に一からリスタートで頑張る自分を見せたい」という決意で東京マラソン2011に参加、制限時間7時間ギリギリの6時間53分53秒でゴールした[24]。