浅野忠信 « 芸能人の彼氏・彼女の噂や、演技や歌の評価なら芸能人情報データベース

浅野忠信

存在感あふれる個性的な演技が魅力的な浅野忠信さんの情報です

浅野忠信さんの気になる噂

浅野忠信さんの演技や、出演作品のレビュー

浅野忠信さんの出演動画

浅野忠信さんの基本情報



浅野忠信さんの気になる噂

浅野忠信とCharaの離婚は8年前から噂になっていた!(2009年)
浅野忠信、ダイアナ千秋と年内結婚?(2010年)
【結婚か】浅野忠信の熱愛、ダイアナチアキの画像!(2010年)


浅野忠信さんの演技や、出演作品のレビュー

映画「劔岳 点の記」のレビュー
映画「母べえ」の評価
映画「Helpless」の評価
浅野忠信さんって演技上手いですか? …また演技の上手い俳優・女優さんって誰だと…(Yahoo!知恵袋)
浅野忠信のリアル演技「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」


浅野忠信さんの出演動画

他の出演動画をみる


基本情報(wikipediaより抜粋)

浅野 忠信(あさの ただのぶ、本名:佐藤 忠信、1973年11月27日 – )は、日本の俳優。
神奈川県横浜市南区出身。神奈川県立磯子高等学校出身。血液型A型。 身長179cm、体重58kg

来歴

母方の祖父はネイティブ・アメリカン(ナバホ系インディアン)の血統、祖母は元芸者で社交ダンスのチャンピオンであった。2人は日本で見合い結婚し、1950年に浅野の母が生まれた。その後祖父は家族を残し帰国。母は18歳で結婚、1971年に長男の久順(現・KUJUN。俳優・アーティスト)が、1973年に二男の忠信(以下、浅野と表記)が誕生した
公園でビキニ姿で日光浴するような奔放さを持つ母と、整理整頓が得意で几帳面な父のもと横浜で育った。浅野は「ヒッピーの子供で生まれた」としている[2]。20代前半で子を得た両親はまだ若く奔放であった。夜に浅野兄弟を家に残して両親がディスコに行ってしまうことも珍しくなく、近所の家に2人が「お母さんがいない」と泣きついたこともあったという。一方で両親は「親が白と言ったら白なんだ」という厳しさも持ち合わせていた。大黒柱である父親が最初に食事をし、子どもは残ったものを食べるというように、甘やかされることなく浅野は育てられた。
母曰く、いつもにこにこと笑いながら歩いている子供だったという。また、浅野自身は「子供の頃から目立ちたがり屋で、いつもテレビに出たいと思っていた」と語っている。そう思うきっかけになったのは、母が浅野に見せたウッドストック・フェスティバルの映像だった。ステージ上のミュージシャンが観客を熱狂させているのを見て、人前で大勢の人を喜ばせるようなことをしたいと考えるようになったという。また、幼い頃はクォーターのため髪が金髪に近く、何もしていなくても目立っていて声をかけられることも多かったことから、自分から無理に目立つことをしなくてもいいと思うようになり、それが今日の自身の穏やかな印象に影響していると浅野は考えている。
小学生の頃から実家の隣の空手道場に兄と通った。また、ブレイクダンスやスケートボードも始めた。中学からは音楽を始め、パンクロックバンドを組み元町や本牧のライブハウスを渡り歩いた[5]。ちなみにこの頃ファンだったのはおニャン子クラブの吉沢秋絵で、フジテレビ前で出待ちをしたこともあったという[6]。
1988年、タレントのマネージャーをしていた父親に勧められ、テレビドラマ『3年B組金八先生III』(TBS系)のオーディションを受けたところ合格となりデビュー。当初はテレビにも出演していたが、撮って放映してを繰り返すテレビの機械的なサイクルが肌に合わず、マネージャーとけんかになることも多かったことから俳優を辞めたいと思う時期もあったという。
1990年、『バタアシ金魚』で脇役として映画デビュー。大人同士が徹夜やけんかを繰り返しながら、目標に向かって一生懸命取り組む映画制作のスタイルが信用できることに思えたという。以降、「映画でだけなら仕事をしてもいい」と思うようになった[7]浅野は岩井俊二、是枝裕和、青山真治など新鋭監督の作品に出演し、知名度を高めていくこととなる。
1995年3月、岩井監督の映画『PiCNiC』で共演した歌手のCHARAと結婚。同年7月に長女が誕生し、22歳で父となる。
1996年、『Helpless』で映画初主演。
活動の場は国内にとどまらず、ウォン・カーウァイ監督『wkw/tk/1996@7’55″hk.net』(1996年)、クリストファー・ドイル監督『孔雀』(1999年)等でも主演を務め、国際的にも注目を高めていった。1997年、日本アカデミー賞話題賞、ヨコハマ映画祭主演男優賞受賞。
1999年、長男が誕生。
2000年、『御法度』、『五条霊戦記』で報知映画賞助演男優賞受賞。
2001年、『地雷を踏んだらサヨウナラ』で毎日映画コンクール男優主演賞受賞。浅野の誕生日は偶然にも役を演じた一ノ瀬泰造の行方不明が報道された日でもある。(実際に一之瀬が亡くなったのはこの日より前)
2003年、タイ・日本その他合作映画『地球で最後のふたり』(ペンエーグ・ラッタナルアーン監督)でヴェネツィア国際映画祭コントロコレンテ部門主演男優賞受賞。
2004年、初監督作品『トーリ』を制作。ドキュメンタリーやアニメーションが織り込まれた5話のオムニバス作品。高校生の頃に観たボブ・マーリーのドキュメンタリー映画『Time Will Tell』で、マーリーの葬儀の時に鳥が飛んでいくシーンから受けた影響が制作の元になっているという。昭和のいる・こいるや、無名の頃の菊地凛子(当時は菊池百合子)、首藤康之などが出演。首藤は本作品で初めて自身で振り付けしたバレエを披露した。また、兄のKUJUNも音楽の担当として参加。3月にDVDで発表し、5月に渋谷シネ・ラセット(2008年1月閉館)で公開された。
2005年、『誰がために』、『乱歩地獄』で毎日映画コンクール男優主演賞受賞。
2007年、ロシアのセルゲイ・ボドロフ監督作品『モンゴル』で、チンギス・ハーン役で主演した。ボドロフは浅野に「内面から発する光のようなもの」を感じ[9]、「この役を演じられるのは浅野しかいない」と浅野を抜擢。浅野はCDをひたすら聞いてモンゴル語を覚え、尻の皮がむけるほど乗馬を猛練習し撮影に臨んだ。
2008年2月、『モンゴル』が第80回アカデミー賞外国語作品部門にノミネートされ、浅野は妻のCHARAを伴ってロサンゼルスで記者会見を行った。この時浅野は、撮影で留守にしている間にCHARAが家庭内のことを忙しい中やってくれていてありがたい、と感謝を述べた。また、普段は酒を飲まないのに馬乳酒などを飲まされていたことや、食事の際に歌を歌う文化のため、アカペラでTHE BLUE HEARTSなどの曲を歌ったことなど、モンゴルでの撮影中の裏話がCHARAとの会話の中で明かされた。
2009年7月25日、所属事務所のサイトにて妻のCHARAと協議離婚したことを発表、14年余りの結婚生活にピリオドを打った。同年、『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』他で日本アカデミー賞優秀主演男優賞受賞を受賞した。
俳優業の他に、「ASANO TADANOBU」名義や、「Bunodata」名義、 「PEACE PILL」、「SAFARI」(1999年結成)などでボーカルやギターとして音楽活動も行っている。「SAFARI」ではフジロックフェスティバルに何度か出演している。所属事務所はアノレ(1996年設立)で、浅野の父親が代表を務めている。