綾瀬はるか « 芸能人の彼氏・彼女の噂や、演技や歌の評価なら芸能人情報データベース

綾瀬はるか

真面目な性格で演技にひたむきに打ち込むおっぱい星人、綾瀬はるかさんの情報です

綾瀬はるかさんの気になる噂(彼氏情報など)

綾瀬はるかさんの演技や、出演作品のレビュー

綾瀬はるかさんにまつわるエピソード

綾瀬はるかさんの出演動画

綾瀬はるかさんの基本情報



綾瀬はるかさんの気になる噂(彼氏情報など)

綾瀬はるかの噂
●●綾瀬はるか噂6●品川庄司 庄司智春のカキタレ●(2010年)
向井理が綾瀬はるかと噂?(2010年)


綾瀬はるかさんの演技や、出演作品のレビュー

表情の演技力
綾瀬はるかさんと上野樹里さん どちらが演技力ありますか? 世間では 綾瀬さんが …
ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~のレビュー
おっぱいバレーのレビュー
ICHIのレビュー


綾瀬はるかさんにまつわるエピソード

綾瀬はるか、鼻の負傷、リアルな気絶の…ど根性に周りは驚嘆!
綾瀬はるか、父親との思い出で仰天エピソードを披露 「プリンセス トヨトミ」初日
綾瀬はるかちゃんの天然ボケぶりがわかるエピソードを教えてください。また、ヘキ…


綾瀬はるかさんの出演動画

他の出演動画をみる


基本情報(wikipediaより抜粋)

綾瀬 はるか(あやせ はるか、本名未公表、1985年3月24日 – )は、日本の女優、歌手である。広島県出身。株式会社ホリプロ所属。
身長165cm。スリーサイズは、B88 W61 H91。

来歴

1985年3月、広島県広島市安佐南区に生まれる。
広島県立祇園北高等学校から堀越高等学校に転校しており帝京大学短期大学を中退した。
2000年、第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界デビュー。
2001年、日本テレビ系ドラマ『金田一少年の事件簿』で女優デビュー。
2003年、フジテレビ系ドラマ『僕の生きる道』で初の連続ドラマレギュラー出演。
2004年、TBS系ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』にてオーディションで723人の中からヒロインに選ばれる。知名度を大きく上げる。
2006年1月12日、東野圭吾原作のTBS系ドラマ『白夜行』スタート。
2006年3月24日、小林武史プロデュースによるシングル「ピリオド」で歌手デビュー。同曲はオリコンチャート初登場8位を記録。
2007年、日本テレビ系ドラマ『ホタルノヒカリ』で初の連続ドラマ単独主演。

人物・エピソード

2004年(平成16年)ごろまではグラビアアイドルの活動を主にしていた。写真集や週刊誌で肌を大胆に露出したり、『コスモエンジェル』などのローカル番組での体当たりのキャラクターが人気を博した。その後女優として評価されるにつれてグラビアの活動は減ったが、週刊誌などでセクシーな肢体を披露することもある。
『世界の中心で、愛をさけぶ』では、白血病に冒されたヒロインを演じる為に、映画版で同役を演じた長澤まさみ同様、剃髪を行った。他にも作中の描写に合わせるために体重を増減させるなどの役作りをしていた。
共演者、スタッフの証言やメイキング映像などからも分かるとおり、非常に真面目な性格で演技に対する真摯な態度は共演者、スタッフからも評価が高い。演技に関して納得行くまで監督と話し合うことも多い。
尊敬する女優は八千草薫(『白夜行』で共演)、松たか子(『HERO』で共演)、深津絵里(『ザ・マジックアワー』で共演)、樹木希林など。
好きな俳優は小日向文世(『ザ・マジックアワー』などで共演)。
ホリプロスカウトキャラバンには友達に誘われて参加した。特技ではやることがなかったので学校で流行っていたウサギのまねをした。バラエティ番組に出演する際に、特技として披露することもある。
共演者からは天然ボケと評されることがあり、『ホタルノヒカリ』で共演した藤木直人は、彼女のことを「マイペースで天然。よくつまづいて転んでいたから」と評している。『島田検定』に出演した際は、珍回答を連発して司会の島田紳助から「君、本当にアホやろ」と言われたり、『SMAP×SMAP』では木村拓哉と中井貴一から、綾瀬がベンガルに「ハーフですか?」と尋ねたことや、「ジーコって芸名なんですか?」といった過去の発言を指摘された。また、『ハッピーフライト』の初日舞台挨拶で吹石一恵から「周りの人全員をツッコミにしてしまう(ボケ役の)キャラ」と言われるなど、同映画の共演者からも彼女の天然ぶりを言及されている。また天然だと言われていることに対し、本人は「天然ではない」と述べている。
両親を尊敬している。
好きなお笑い芸人はナインティナイン。
『鹿男あをによし』を収録中、人生について考えることが多かったため共演者の児玉清と深夜まで人生について語り合ったことが多々あった。
ニュージーランドでスパイに間違えられ1日拘束されたことがある。
『僕の彼女はサイボーグ』において京劇の舞台に紛れ込んだシーンで、舞台袖に捌けるとき暗幕に隠れた鉄筋にぶつかり鼻の骨を折った。このシーンは本編でも確認できる。また、入院中は食事の心配をしていてマネージャーに呆れられた。