堂本剛(KinKi Kids) « 芸能人の彼氏・彼女の噂や、演技や歌の評価なら芸能人情報データベース

堂本剛(KinKi Kids)

持ち前の歌唱力を生かして、ソロシンガーとしても活躍中のKinKi Kids・堂本剛さんの情報です

堂本剛さんの気になる噂(彼女情報など)

堂本剛さんの演技や、出演作品のレビュー

堂本剛さんの出演動画

堂本剛さんの基本情報



堂本剛さんの気になる噂

堂本剛、改名理由は「空になって”絶対的な愛”を手に入れたい」……!?
お疲れモードの堂本剛、メンタル面は大丈夫?


堂本剛さんの歌や、演技・出演作品のレビュー

堂本剛の正直しんどいの感想ブログ集
ファンタスティポの感想ブログ集
ジャニーズの中で歌が上手いと思う人は誰?
堂本剛ファンに質問します! 私は男ですが、堂本剛の歌唱力には脱帽しました! …
堂本剛の演技力は異常(2ch)


堂本剛さんの出演動画

他の出演動画をみる


基本情報(wikipediaより抜粋)

堂本 剛(どうもと つよし、1979年4月10日 – )は、奈良県奈良市敷島町出身の日本のアイドル、歌手。ジャニーズ事務所に所属するKinKi Kidsのメンバー。血液型AB型。愛称は「つよ」だが、同名であるSMAP草彅剛と混同されがちな為、一部では「ドツヨ」とも呼ばれている(一方の草彅剛は「ツヨポン」と呼ばれている)。身長165cm。西大寺幼稚園・奈良市立西大寺北小学校・奈良市立平城中学校→港区立三河台中学校・堀越高等学校卒業。KinKi Kidsのメンバー・堂本光一と名字が同じなのは偶然で、縁戚関係は全く無い。

来歴

子役時代

ジャニーズ事務所入所以前奈良市立西大寺北小学校在学中は、大阪市北区にある児童劇団『劇団アカデミー』に所属し、堂本直宏(なおひろ)の芸名で子役として舞台・ドラマ・CMなどに出演していた。北島三郎の舞台では親子役で共演したり、ダウンタウンが関西ローカル時代にやっていた「ダウンタウン物語」(毎日放送)などの番組に出演したりしている。他にも事務所入所前に「堂本直宏」として国分太一などの一部のジャニーズタレントと共演した等のエピソードがある。ちなみに「直宏」という芸名の由来は、姉の初恋の人の名前から。

ジャニーズ入所後

1991年5月5日に母と6歳上の姉が、本人の知らない間に履歴書をジャニーズ事務所に送ったことがきっかけで、堂本光一と共に事務所入り。
1992年、堂本光一と2人でグループを結成。奈良市立平城中学校2年の10月(14歳)に上京し、港区立三河台中学校に入学する。それまでは新幹線で仕事があるたびに奈良と東京を往復した。
1993年4月4日、ABCテレビ『KISSした?SMAP』にて初めて「Kinki Kids」のグループ名を発表(当時はまだ“K”の表記が全て大文字ではなかった)。KinKi KidsとしてCDデビューする以前から、いち早くドラマの主題歌でソロの楽曲を披露していた(当時の歌は『A album』に収録されている)。
1994年に出演した『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら〜』、1995年から1997年に主演した『金田一少年の事件簿』シリーズは高視聴率を獲得した。
1997年7月21日、『硝子の少年』でCDデビュー。
2002年5月29日にソロCDデビュー。ソロシングル・アルバムとも、ほぼ全ての曲を自身で作詞・作曲している。2005年には、TOKIOの国分太一とともに期間限定ユニット「トラジ・ハイジ」でも活動。同年12月よりENDLICHERI☆ENDLICHERIというソロプロジェクト活動を開始した。シングル『空が泣くから』でソロでは通算5曲連続初登場首位獲得。オリコンシングルランキングにおいて、名義違いでの1位獲得数が最多である(6名義:KinKi Kids、堂本剛、J-FRIENDS、トラジ・ハイジ、ENDLICHERI☆ENDLICHERI、剛紫)。
2006年10月19日、初ソロ写真集『正直I LOVE YOU』を発売し、2008年4月20日、奈良市観光特別大使に就任。2009年3月3日、「剛紫」名義にてプロジェクト「美我空」を始動。詳細は後述。
2005年12月、3日間限定でEDWINとコラボレーションし、Tシャツ販売や大規模な広告設置などを行った。この時点では敢えてTVなどへの露出を控え、広告も自身がデザインしたロゴマークとシンボルキャラクター「Sankaku」のみで顔を出さなかった。これは「何となく記憶に残させて浸透させる」という“記憶の中での繁殖”を意図した試みである。
2006年春には横浜のみなとみらいに作られた特設会場で、2か月・計46公演に及ぶロングライブを実施。ライブグッズとして、楽曲や「Sankaku」をモチーフにしたパンが販売された(このようなライブグッズは、ほとんどが本人が発案している。ただし「最終的なクオリティーを決めているのは僕じゃない」とのこと)。このライブが好評を博し、夏には同会場で追加公演が計30公演行われ、更に本人からの希望もあり再追加公演として秋の24公演を実施し、通算100公演を行った。 デビューシングルが「ソメイヨシノ」であったため、会場外にソメイヨシノの木が1本植えられ、自身の直筆コメントも添えられた。
2007年は初頭からシングル、アルバム、DVD2種を発売。ライブも仙台公演や東京公演を実施するなど、精力的な活動を行っている。3月18日には小林武史主催のイベント「AP BANG! 東京環境会議」にシークレット・ゲストとして登場、小林のピアノ伴奏による「ソメイヨシノ」を披露した。この模様は後日、フジテレビ系特番「ENDLI☆TV」にて小林との対談と合わせてオンエアされた。
6月22日・25日、ENDLICHERI☆ENDLICHERI PresentsによるLove☆Event「HIGHER in JAPAN!!!」を開催。 ヘアショーなどのパフォーマンスを取り入れたENDLICHERI☆ENDLICHERI本人によるLiveの他に東儀秀樹(雅楽師)とのコラボLiveなども行う。「オノ・ヨーコ」「福山雅治」等、他アーティストからの作品提供なども話題となった。

人物

性格・特徴

「“芸能人”というよりも、“一人の男性”として、生活をしていきたい」、「自分のありのままを見せ、その姿を好きになってもらうことで、自分とファンの関係に意味が出てくる」という考えを持っている。
延々と自分の髪の毛を触る癖がある。この癖は後に落ち着かなくなると自分を落ち着かせるために出てくると告白している。
故郷の奈良をこよなく愛する。ENDLICHERI☆ENDLICHERIのアルバム名(ライブ名)が「NARA」の折句になっていたり、「奈良は自分の原点」など、奈良にちなんだ発言も多い。迷った時も、帰郷して空気を入れ換え、仕事に戻ることがある。2008年、自身の初奈良公演、なら100年会館(奈良県奈良市)でのライブを行った。また、愛という言葉や概念に思い入れがあり、家族や自分の大切な人間に対する愛、自分に向けられる愛を大切にし、音楽などによって自らも愛を発信していきたいという主旨のことを、MCやインタビューなどでよく口にしている。
過去にマイケル・ジャクソンから「君は歌が上手い」と評価されたことがある(J-FRIENDS名義で活動している時、マイケルに曲を提供してもらったことがきっかけ)。喉が強いらしく、ENDLICHERI☆ENDLICHERIライブで週5日かつ長きに渡る公演で喉が枯れなかった。請われて、後輩へ曲を提供することも多い(今井翼、二宮和也、岡田准一、KAT-TUNなど)。また、歌詞を女性詞にすることがよくある。
ミニチュア・ダックスフントを飼っており、名前はケンシロウ。雑誌のグラビアなどにも本人と共にたびたび登場している。名前は好きな漫画である『北斗の拳』の主人公から取った。また、魚好きで魚に詳しく、家で熱帯魚・大型魚をはじめとする様々な魚を飼っている(本人曰く、水槽は最大180cmのを含め、6本以上あるとのこと)。ソロワークプロジェクトネームにもなっている、ポリプテルス・エンドリケリー・エンドリケリーは40匹近く飼っている。
本人曰くおじいちゃん子だったそうで、祖父が生前入院していた頃は、一番忙しい時期であったにもかかわらず暇を見つけてはお見舞いに行き、亡くなってからも毎年奈良までお墓参りに行っている。また、お姉ちゃん子でもあり、6歳年上の姉は本人いわく「やさしい人」で、喧嘩をしたことがないという。
2004年度のベストジーニストに選ばれた。2005年には女性誌「SEDA」の表紙を飾ると共にモデルデビューも果たした(同誌が表紙に男性タレントを起用するのは初)。
洋服の色で好きなものは紫、緑、ピンク(特に、ショッキングピンクなど彩度の強いもの)。また、外に出る時に変装などはしないが、却ってあまり声をかけられない。女性より男性に声をかけられることが多いと話している(雑誌インタビューやライブMC、音楽番組など)。アディダスがお気に入りで、普段から同ブランドの服や小物を身につけている。

趣味・特技

お笑いが好き。特にダウンタウンの大ファンで、ジャニーズ事務所に入る以前の小学校の頃は、吉本興業への進路を希望していた。
動物好きである。虫以外の動物(哺乳類、爬虫類、魚等)を見るとコミュニケーションをとろうとする。
漫画、アニメ好きで、『ろくでなしBLUES(第33巻)』に登場させてもらったことがある(作者の森田まさのり氏は『正直しんどい』のオープニングにアニメーション用イラストを提供している)。他には『ドラゴンボール』も好きで、『堂本兄弟』で作者の鳥山明について語ったり、ラジオなどでドラゴンボール絡みのネタを話すことがある。また雑誌で「好きなマンガ(アニメ)は何か」と聞かれたときに『超時空要塞マクロス』と答え、初恋はマクロスのヒロイン、リン・ミンメイだと答えた。
普段から詩などを書いているほか、連載もいくつか抱えている。イラストを描くことも得意で、著書やオフィシャルグッズ、『新堂本兄弟』『堂本剛の正直しんどい』などで披露しているほか、ENDLICHERI☆ENDLICHERIのシンボルキャラクター「Sankaku」もデザインしている。1枚目のアルバムROSSO E AZZURROのジャケットイラストも手がけており、自身でデザインやプロデュースしたライブグッズ等も多い。
バスケットボールが得意であり、自身の冠番組である「正直しんどい」では、経験者らと共にしんどいチームとして何度か試合もしている。
釣りが好きで、撮影の合間やプライベートでスタッフと釣りに行くことがある。しかし多忙で行けなくなり、そのため魚を家で飼い始めた。
Mr.Children・CHAGE and ASKA・DREAMS COME TRUE・椎名林檎のファン。Mr.Childrenにおいては自分の番組内やソロライブでミスチルの楽曲を歌ったり、プライベートでLIVEに足を運んだりしている。アフリカの音楽や民族楽器にも魅力を感じていると言う。中でもお気に入りはジミ・ヘンドリックスで、『正直しんどい』のオープニングでも楽曲が使われている。最近ではピアノ演奏にも取り組み、堂本兄弟などでも時々披露している。私物のギターは30本以上あり、アンプやエフェクターも多数揃えている。初めてCDを買ったのは、小学6年生の時。ASKAのはじまりはいつも雨で、当時好きだった女の子のことを思い出しては涙を流していたという。

交友関係

吉田拓郎
フジテレビ「LOVE LOVE あいしてる」で共演し、現在も親交が深い。
DREAMS COME TRUE
交流が深く、KinKi Kidsへの曲提供、プライベートでライブを見に行く、3人で会うことなどがある。『堂本剛の正直しんどい』にて、3人でゲリラ的にストリートライヴを行った。
岡野昭仁(ポルノグラフィティ)
音楽番組で共演した際、岡野から釣りに誘われ、夜明けまで楽しんだ(岡野が自分のラジオで発言)。『堂本剛の正直しんどい』に岡野が出演した際にもプライベートでは音楽的な話題で語り明かしたりしたなどと語っていた。
西川貴教
仲が良く、2人で食事をしても、会話がいわゆる「ボケ合戦」になり、熱中するあまり「ご飯が減らへん」と言う状態になるらしい(「新堂本兄弟」より)。
田中直樹(ココリコ)・森一弥(エネルギー)
番組で共演して以来仲がよく、親友として本人が名前を挙げている。ココリコの2人とも交遊がある。
ジャニーズの同僚では、長瀬智也、今井翼、岡田准一、井ノ原快彦など。長瀬智也とはソロプロジェクト「ENDLICHERI☆ENDLICHERI」のライブを長瀬が観に来た際、ステージに上がりギター・セッションなども披露しあった。岡田准一とは合宿時代に一緒の部屋で暮らし、合宿を出た後も2年間ほど一緒に暮らしていたほど仲がいいという。山下智久とはよくメール交換する仲。誕生日が一日違いのため、お互いの誕生日にはお祝いのメールをやりとりする。

持病・恐怖症

芸能界活動に対する自身のストレスから、CDデビューしたての頃に過呼吸を発症。2000年夏のコンサートツアーにて、ナゴヤドームでの第一部公演の途中に、過呼吸の大きな発作に見舞われる。2003年5月の「Dome F Concert」の途中体調不良で倒れたことをきっかけにして、同月、ジャニーズオフィシャル携帯サイト「Johnny’s web」にて、自ら過去6年に及ぶ過換気症候群(過呼吸症候群、パニック障害)との闘病中であることを告白した。しかしそれまでにも、2002年の1stソロアルバム『ROSSO E AZZURRO』収録の自作曲『Panic Disorder(和訳すると「パニック障害」)』や、著書『ぼくの靴音』の内容からも、パニック障害の発症を告白しているという向きがあった。なお、その後の記者会見でも「6年前(1997年頃)から病気と闘っている」と発言。
ENDLICHERI☆ENDLICHERIのライブMCでは何度も「18歳からの5年間死にたいと思っていた。死にたい、死ねない、死にたい、死ねない、死にたい、を繰り返していた。」、「音楽が僕を救ってくれた。音楽やギターと出会えていなかったら、僕はもう居ない。」といった告白をしている。
また、高所恐怖症にして飛行機恐怖症。密閉されている感じが嫌だとのことで、新幹線もあまり好きではない。かつてはバラエティ番組などで、極度の高所恐怖症をネタにして、ジェットコースター乗りなど(本人にとっては)過酷な企画に挑戦していた。飛行機では恐怖から逃れるため、前日は徹夜などをして必ず眠るようにしている。飛行機に乗っている間はシートを倒さずシートベルトをしたまま離陸前に眠り、飛んでいる間に起こされないようにしている。

ソロプロジェクト

2002年春、堂本剛名義でシングル『街/溺愛ロジック』をリリース。これにてソロデビューとなった。 KinKi Kidsのアルバム曲にもソロで自作曲を収録していたが、ソロでのシングル発売はこれが初となった。アイドルが自作曲でソロデビューするのは稀な例であり、ジャニーズ事務所所属タレントとしても初めてである。 また、グループに所属し、並行して継続的にソロ音楽活動を行っていることも極めて稀な例である。
2005年冬、プロジェクトネーム『ENDLICHERI☆ENDLICHERI(エンドリケリー・エンドリケリー)』を始動させた。2008年は『244 ENDLI-x(ツヨシ・エンドリックス)』というアーティストネームで活動した。
プロジェクト『ENDLICHERI☆ENDLICHERI』はポリプテルス・エンドリケリー・エンドリケリーという、アフリカ産の古代魚からとった。由来は「『たくさんの羽をもつ』という意味の名前なので、自分の音楽も羽に乗って沢山の人の心に届くように」「大変臆病な気質の魚で、それが自分自身にも通じるから」。愛称は「エンドリ」「エンさん」「ドリー」「ケリー」などいくつか候補があったが、紆余曲折を経て「ケリー」に落ち着いた(ライブの煽りなどでも用いられる)。
プロジェクトネームをつけるに当たり、本人は「『堂本剛』という名前だと、必ず『堂本剛=KinKi Kids』というアイドルとしてのイメージがついてしまい、いくら音楽に力を注いで作品を作っても大衆はそう受け取ってくれないことが多いため、そのイメージを切り離したくて別の名前を名づけた」と語っている。
本人の意向により、KinKi Kidsの持つラジオ番組では楽曲を一切流さない、KinKi Kids公式サイトやファンクラブ会報誌等への活動掲載を行わない(会報誌上で、スタッフのコメントより「会報では、堂本剛のソロプロジェクトに関する掲載は行わない。」ことを明言した。)、KinKi Kids名義で出ている雑誌(アイドル雑誌など)では話題を出さない、レコード会社やコンサート事務局を事実上分社扱いにするなど、KinKi Kids名義の活動とは完全に切り離した活動を行っている。また、ジャニーズ事務所所属タレントとしては珍しく、音楽雑誌『B-PASS』や『音楽と人』などに登場している。本人は「ENDLICHERI☆ENDLICHERIをライフワークにしたい」とも語っている。
なお、ENDLICHERI☆ENDLICHERIのマスコットキャラクターとして「Sankaku」というキャラクターがいる。ENDLICHERI☆ENDLICHERI始動時に堂本自身がデザインし、堂本自身の声を加工して当てており、dwangoで着ボイスで配信された。
2009年春、新たにアーティストネーム『剛 紫(つよし)』として新しいプロジェクト『美 我 空(びがく)』を始動した。
2009年夏、堂本剛本名名義でこれまでのソロ活動を総括したライブを自身の故郷、奈良県の薬師寺で7月10日、7月11日の2日間行った。
2011年、「SHAMANIPPON」という新しいプロジェクトを始動。