藤原竜也 « 芸能人の彼氏・彼女の噂や、演技や歌の評価なら芸能人情報データベース

藤原竜也

藤原竜也さんの情報です
藤原竜也

藤原竜也さんの気になる噂(彼女情報など)

藤原竜也さんの演技や、出演作品のレビュー

藤原竜也さんにまつわるエピソード

藤原竜也さんの出演動画

藤原竜也さんの基本情報



藤原竜也さんの気になる噂(彼女情報など)

指輪を購入?300人斬りの本命は栗山千明?(2006年)
藤原竜也の噂(2009年)
噂のゲイ能人


藤原竜也さんの演技や、出演作品のレビュー

藤原竜也のいちばんよかった役は?
藤原竜也の演技力wwwwwwwwwwwwwwww
藤原竜也て惹きつけられる物があるよな
バトルロワイヤルのレビュー
カイジ 人生逆転ゲームのレビュー


藤原竜也さんにまつわるエピソード

藤原竜也の対談、インタビュー集
藤原竜也「ヤッたオンナの数は100人くらいかな」


藤原竜也さんの出演動画

他の出演動画をみる


基本情報(wikipediaより抜粋)

藤原 竜也(ふじわら たつや、1982年5月15日 – )は、日本の俳優。所属事務所はホリプロ。血液型A型。埼玉県秩父市出身。秩父市立秩父第二中学校卒業。堀越高等学校中退(本人曰く、4日で中退)。

略歴

1997年 蜷川幸雄演出の舞台『身毒丸』主役オーディションでグランプリを獲得し、デビュー。バービカン・センター(ロンドン)での公演にて、「15歳で初舞台とは思えぬ存在感で天才新人現る」と大絶賛され、 翌年の凱旋公演でもその迫力を見せ付けた。
2000年 映画『バトル・ロワイアル』の主演に抜擢され、一般に知名度が高まった。
2003年 日本演劇史上最年少21歳でタイトル・ロールを演じた舞台『ハムレット』で、主な演劇賞を総嘗めにした。
2004年 『新選組!』でNHK大河ドラマ初出演。
2005年 リンカーン・センター(ニューヨーク)にて舞台『近代能楽集~弱法師~』の俊徳役を好演し、NYタイムズでも評価を受けた[2]。
2007年 2月 – 6月まで仕事を一時休業し、ロンドンに留学していた。帰国後、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーのグレゴリー・ドーラン演出の舞台『ヴェニスの商人』に出演。
2008年 ジョン・F・ケネディ・センターに於ける『身毒丸』ワシントンD.C.公演にて、2002年のファイナル公演以来6年ぶりに身毒丸役を演じ、ワシントン・ポストなどの地元各紙で高い評価を受けた。
2009年 井上ひさし作、蜷川幸雄演出による舞台『ムサシ』で宮本武蔵役。
2010年 舞台『ANJIN イングリッシュ・サムライ』で台詞の7割が英語の宣教師役。バービカン・センター(ロンドン)、リンカーン・センター(ニューヨーク)で舞台『ムサシ』を再演した。9年ぶりに連続ドラマ『おじいちゃんは25歳』の主演を務める。

人物

家族・性格・サイズ

竜也という名前は、祖父の「天に昇る竜の如くすくすくと育つように」との想いから、命名された。父親は単身赴任が多く、ほとんど家にいなかった。母親は秩父で飲食店を経営している。顔は母親似。3人兄姉の末っ子で、兄と姉がいる。11歳の時に姪が生まれ、若くして叔父になった。
掴み所のない、自由奔放な性格。しかし本人曰く「意外と臆病」で、お化け屋敷(入るとキレるらしい)・ジェットコースターなどの絶叫系・虫全般が苦手とのこと。仕事面では、蜷川幸雄曰く、「集中力があって、真面目で努力家。ストイックで、役の事しか考えられない」。
八重歯と親知らずがあり、気にしている。
身長178cm、体重55kg、チェスト82cm、ウエスト75cm、ヒップ:86cm、シューズ27cm(公式HPより)。

趣味・嗜好

特技はサッカーで、埼玉県中学校大会ベスト4まで勝ち上がったことがある。サッカーは浦和レッズ、野球は西武ライオンズファン。趣味はダーツ、読書など。ダーツは2002年頃から夢中になったらしく、一時期はテレビ番組に出演する度に、ダーツの話をしていた。ただ、ダーツの投げ方がオカシイらしい(投げる時にお尻をひねりすぎてしまう)。好きな作家は夢枕獏。漫画では『ONE PIECE』が好き。水泳が苦手。また、高所恐怖症である。
好物は焼肉、クリームシチュー、蕎麦、納豆、刺身ダコ、山芋、珍味など。幼少時は非常に偏食家だったが、成長するにつれて克服した。だがカキは、今でも苦手。また、『食わず嫌い王』に出演した際には、アワビの「生臭さが苦手」と告白した。幼い頃からタコが大好きで、「タコのたっちゃん」というアダ名をつけられていた。かなりの酒豪である。酒の肴のベスト3はスルメ、タコわさび、海ブドウ。大勢で呑むよりは、1人や数人で呑む方が好きとのこと。特に焼酎を好む。ヘビースモーカー。
好きになった人がタイプ。また、2008年に出演した『ボクらの時代』の中で、普段は干渉せず自由にして置いて欲しいが、甘えたい時は傍にいて欲しいという(本人も自分勝手だと認める)恋愛観を語っている。グータンでは小動物系がタイプだと語っている。2009年に出演した『しゃべくり007』では歌が好きなのと、母親の影響から美空ひばり、欧陽菲菲。映画『カジノ』を見てシャロン・ストーンの芝居に惹かれ、好きになったと語っている。
父と兄の影響で、幼少時から長渕剛の大ファン。
尊敬する俳優は、親交もある唐沢寿明、大竹しのぶ。ライバルの俳優は沢竜二。また、『新選組!』で共演して以来の親友である中村勘太郎を、同世代で最も気になる俳優として度々挙げている。舞台『ハムレット』『ムサシ』で共演した小栗旬とは、友人にして良きライバルで「初めて演技について語り合えた」と語っている。大杉漣に夢中になっていた事があり、「生まれ変わったら大杉漣になりたい」と答えていた。
蚊取り線香の匂いが大好きで、夏場はもちろん冬場でも焚く。特にブタの形をしたものが好き。
洋画よりも邦画が好きで、特に黒澤明監督や深作欣二監督など、昔の邦画が好きとのこと。