深田恭子 « 芸能人の彼氏・彼女の噂や、演技や歌の評価なら芸能人情報データベース

深田恭子

深田恭子さんの情報です

深田恭子さんの気になる噂(彼氏情報など)

深田恭子さんの演技や、出演作品のレビュー

深田恭子さんにまつわるエピソード

深田恭子さんの出演動画

深田恭子さんの基本情報



深田恭子さんの気になる噂(彼氏情報など)

深田恭子と噂になった有名人
深田恭子のゴシップ
深田恭子にまた同性愛疑惑!今度は佐々木希をターゲットに!


深田恭子さんの演技や、出演作品のレビュー

恋愛戯曲 私と恋におちてください。のレビュー
深田恭子さんについてですが演技力がうまいのか下手なのか分かりません。私は最初…
深田恭子ちゃんの…
なぜ 深田恭子は 歌手で成功しなかったんだ 普通に 歌唱力高いよな 不思議だよ …
映画「天使」のレビュー


深田恭子さんにまつわるエピソード

深田恭子さん、最近の心温まったエピソードは、お母さんが買ってきてくれたプリンが・・・ http://t.co­/yt4gC4p 【すたさん】


深田恭子さんの出演動画

他の出演動画をみる


基本情報(wikipediaより抜粋)

深田 恭子(ふかだ きょうこ、本名同じ、1982年11月2日 – )は日本の女優、歌手、タレント。東京都北区出身、堀越高等学校卒業。ホリプロ所属。愛称は「深キョン」「きょーこりん」。
第21回ホリプロタレントスカウトキャラバングランプリ受賞をきっかけに芸能界入り。ドラマ『神様、もう少しだけ』でブレイクし、その後、数々のドラマや映画、CMに出演。歌手としてCDもリリースしている。代表作はドラマ『富豪刑事』、映画『下妻物語』など。

人物

父親と仲がよく、妹が1人いる。
身長(164cm)に比べると足が大きく、26cm(27cmの説もある)。かつて所属事務所から配布されたプロフィール用紙には「(足のサイズに)間違いありません。」(写真集等では「プリントミスではありません」)と但し書きされていたこともある。足のサイズがほぼ同じな和田アキ子から、ハイヒールのお下がりを貰ったこともある。
愛称「深キョン(フカキョン)」はブレイク後に呼ばれ出したもので、発行20年以上になるアイドル雑誌『BOMB』(学研)では「恭子りん」と呼んでいて、本人は愛称の中で一番「恭子りん」を気に入っている。
飼っているティーカッププードルの「メロンパンナ」はほしのあきの飼っている「あずき」と同じ父親(なので姉妹)である。

趣味・特技

デビュー間もない頃、『TV BROS』のインタビューで趣味は手紙を書くことと語っている。本人曰く「学校の休み時間でも友達と喋ったりするより手紙を書いていることが多い」とのこと。
幼い頃から複数の習い事に通っていて、中でも2歳から始めた水泳は「前世はイルカ(だったかも)」と言う程に大好きで、一時はオリンピック出場を狙っていたことがある。その水泳好き・プール好きな所から公式ファンクラブの名称は自身で「pool」と命名。ドラマ『華麗なるスパイ』、『神様、もう少しだけ』のタイトルバックや「ロッテ・ミントブルー」「キリン氷結ZERO」のCMでも実際に本人が泳いでいる映像が使用され、中でも『華麗なるスパイ』では、コーチ役として、飛び込みからターン等複数の泳ぎを吹き替え無しで見事に披露している。
4歳からピアノを始め、作曲も行う。1999年リリースのピアノアルバムに収録されている『Into The Light』は自作曲。初バラエティ番組レギュラーとなった『新堂本兄弟』で、堂本ブラザーズバンドの一員としてピアノを担当。
「書道」は特一段の腕前。初主演ドラマ『鬼の棲家』のタイトルバックでは巨大な「鬼」の文字を書き上げている。または本人自筆の手紙がドラマの小道具で使用されることがあるが、普段は丸文字も使うこともある。
お酒が好きで、仕事後に「『お疲れ様ビール』は欠かせない」(本人・談)。2007年にゲストとして出演したバラエティ番組『ナイナイサイズ』では、毎晩シャンパンを飲んでいることが明らかとなった。堂本光一は「あのぐらい(酒が)強いやつはいない」と言ったことがある。
『下妻物語』で本格的なロリータ・ファッションをしてから気に入って、それらのブランド(BABY, THE STARS SHINE BRIGHT)を私服に取り入れているようで、雑誌『KERA』(インデックス・コミュニケーションズ)の表紙を飾ることもある。
感銘を受けた愛読書は遠藤周作の『海と毒薬』。
プロ野球は読売ジャイアンツのファンである。

エピソード

性格はおっとり。話し方も落ちついているが、本人曰く「普段は、よく喋る」。ただしバラエティ番組への出演は苦手な方で、過去に『HEY! HEY! HEY! MUSIC CHAMP』(フジテレビ)に初めて出演した際、愛想笑いを浮かべるばかりで、積極的に話そうという態度を示さなかったことから、浜田雅功にやや不快そうな顔で「やる気あんの?」と突っ込まれたこともある。おっとりとしたしゃべり方とマイペースな番組運びは印象を残し、多くの芸人や事務所の大先輩である和田アキ子ですらネタにしていた。
ラジオ番組『OBCブンブンリクエスト』(ラジオ大阪)のトークコーナーにゲスト出演した際、ゲストだったのにもかかわらず殆ど話そうとせず、パーソナリティーだったますだおかだの増田英彦を四苦八苦させていた。
誕生日が同じであるフランス王妃マリー・アントワネットに憧れていて、「自分はマリー・アントワネットの生まれ変り(だったらいいな)」などの発言から、周囲から「不思議ちゃん」と思われている。2002年にはフジテレビ系特番『深田恭子が行く! 王子様探しの旅・私をベルサイユに連れてって』でフランス行きも果たす。テレビ番組「さんまのまんま」では、自分のことを「基本的にメルヘンちゃん」であると評した。
憧れだった華原朋美と同時期に『新堂本兄弟』で新メンバーになり、レギュラー番組初共演を果たしている。その華原とは、憧れが強すぎて以前スタジオで隣り合わせした時も会いたくても会えずにいたからか、『THE夜もヒッパレ』で初めて会った時には嬉しくて「赤ちゃん泣き」(本人曰く、“まるで赤ちゃんのように大泣き”)をした。
映画『新宿少年探偵団』やゲームソフト『ユーラシアエクスプレス殺人事件』で共演した加藤あいは高校の同級生かつ大親友で、高校の願書も2人で出しに行った。下校時にはよく2人で帰り、「あいが他の女の子と話しているのを見るだけで嫉妬した」とまで言っていた。
高校の同級生には椎名法子・仲根かすみ・Sowelu・小高早紀・上良早紀・藤原竜也らがいる。
飲み友達を含め交友関係は広く、篠原ともえ・鈴木亜美・宇多田ヒカル・浜崎あゆみ・仲間由紀恵らと付き合いがあり、ドラマ『イマジン』で共演した黒木瞳とも親交が深い。
金城武、ケリー・チャン、ユン・ソナ、ウォンビンなどといった海外の俳優や女優と共演をした国際派女優であり、特に中華圏で高い人気を誇る。
強気で口が悪い人物から、本人同様明るくおっとりした女性まで、幅広い役柄を演じている。