福田沙紀 « 芸能人の彼氏・彼女の噂や、演技や歌の評価なら芸能人情報データベース

福田沙紀

女優から歌手からヘキサゴンと色々活躍している福田沙紀さんの情報です

福田沙紀さんの気になる噂(彼氏情報など)

福田沙紀さんの演技や、出演作品のレビュー

福田沙紀さんにまつわるエピソード

福田沙紀さんの出演動画

福田沙紀さんの基本情報



福田 沙紀さんの気になる噂(彼氏情報など)

櫻井翔と福田沙紀の不仲が原因で実写版ヤッターマン2の公開は無しに?
福田沙紀と噂になった有名人
よく週刊誌に福田沙紀ちゃんの悪い噂が書いて有りますが。何故北乃きいちゃんの悪…


福田 沙紀さんの演技や、出演作品のレビュー

女優の福田沙紀さんは、演技上手で表情もすごいかわいらしいと思いますが、みなさ…
福田沙紀さんの魅力
メイド刑事のレビュー
ドラマ「カルテット」の評価
ドラマ「ゴーストフレンズ」のレビュー


福田 沙紀さんにまつわるエピソード

福田沙紀のインタビュー記事
福田沙紀のエピソード(2007年)


福田 沙紀さんの出演動画

他の出演動画をみる


基本情報(wikipediaより抜粋)

福田 沙紀(ふくだ さき、1990年9月19日 – )は、日本のタレント、女優、歌手である。
熊本県熊本市出身。オスカープロモーション所属。
熊本市立池田小学校、熊本市立京陵中学校を経て、堀越高等学校卒業。家族構成は父・母・3歳下の弟。熊本のローカルタレントである前田シゲは義理の叔父。

人物

沙紀という名前は、正義心の強い子に育って欲しいという願いで、『スケバン刑事』の主人公、麻宮サキから採られた。
歌うことが好きなため、美少女コンテストでは音楽部門賞を狙っていたが、演技部門賞を受賞した瞬間予想外の出来事に固まってしまった。
オスカープロモーション所属の女性芸能人で結成された芸能人女子フットサルチーム「表参道BEAUTY」のメンバーだったが、一度も練習や試合・イベントに参加したことがないまま退団。しかし、サッカーをするのは好き。逆に主題歌を歌ったバレーボールは苦手である[1]。
『ウルトラマン』や『仮面ライダー』のファンである。子供時代のリアルタイム視聴によるため主として平成版の作品が対象が多いが、怪獣に関しては古くからの怪獣も知っている。一番のお気に入りは『ウルトラマンティガ』と『仮面ライダー555』。
『シャーマンキング』などのアニメ・漫画にも詳しく、自身も声優として出演することあるが、未だに「普通の女の子」役を演じていないため、女の子役がやりたいと希望している[2]。
趣味はゲーム・読書・アクセサリーづくり。特技は金魚すくい。
城マニアであり、故郷の城・熊本城の一口城主でもある。
人見知りのため、初対面はもちろんのこと、過去に共演した人でも時間が経つと緊張して上手く話せないことがあり、機嫌が悪いのではないかと誤解されるのが悩みである。
アルバム『VOICE』にて「VOICE」、「Re;start」、「もう一度」の3曲を作詞した。シングル「Spr*ing for you」は、初めてストーリー仕立てのPVに挑戦。学生服を身にまとい、卒業をテーマとした恋愛ドラマを演じている。学園祭のシーンでは、Linkin Parkの楽曲にあわせてドラムを演奏している。
母親が中森明菜の大ファンであり、特に好きだという曲は「難破船」[3]。
高校の同級生には俳優の三浦春馬、鮎川太陽、女優の蓮佛美沙子、アイドルグループHey!Say!JUMPの八乙女光等がいる。

クイズ!ヘキサゴンII

福田が『ヘキサゴンII』に初出演したのは2006年5月24日放送分である。その際は最下位になり、司会の島田紳助に「泣かんでいいで」と言われているうちに本気で泣き出したエピソードがある。そしてクイズでは珍回答を連発し、紳助から「レギュラー決定」と宣告された。その後、当時は少なかった常連出演者の1人となり(2006年には福田の他には香田晋と里田まいのみ)、番組内では「おバカタレント」と扱われることになる。
しかしおバカタレントの中では比較的「予選ペーパーテスト」の点数は高く、おバカタレント以外で下位に入ることのあるゲスト解答者に勝利する機会も多かった。また2007年頃になると稀に高得点をマークし中位入りする機会もあり、香田、里田、大沢あかね、ほしのあきなど当時出演していたおバカタレントの中では1位抜けすることは多かった[4]。ちなみに点数が上がり始めた時期と同時期におバカが中心の企画「ちゃんと出題できるかな!?アナウンスクイズ」、「脳解明クイズ」が始まったため、常連おバカタレントの中で両企画とも代表者となったことがない唯一の人物でもある。
同じ九州出身おバカの香田、スザンヌと一緒のチームとなると「3枚ストッパー」と呼ばれた。
2007年6月20日放送分からライフの撮影を優先したため降板、その後全く出演しなくなったが、2007年7月11日放送分の「相手が書かない答えでシュート PKクイズ」の問題となった『都内の女子高校生300人に聞いた“こいつバカだなぁ”と思うタレントベスト20』では10位に選ばれている。
『ヘキサゴン』降板後はおバカタレントとして扱われることが無くなり、ゲストとして出演する他のクイズ番組でも平均的な成績を残している。