泉谷しげる « 芸能人の彼氏・彼女の噂や、演技や歌の評価なら芸能人情報データベース

泉谷しげる

シンガーソングライターであり、個性的な演技で数々の名脇役を演じてきた泉谷しげるさんの情報です

泉谷しげるさんの気になる噂(彼女情報など)

泉谷しげるさんの演技や、出演作品のレビュー

泉谷しげるさんの出演動画

泉谷しげるさんの基本情報

>


泉谷しげるさんの気になる噂

芸能人の気になる噂 : 泉谷しげる「売名だよ。だから何だ?有名じゃなきゃ募金は集まらないんだよ!」
超過激!泉谷しげる、名指しで「覚せい剤ヤメロ」


泉谷しげるさんの曲や、演技・出演作品のレビュー

泉谷は俗世間の偉人である
本来は役者じゃないけど、演技がうまいと思う歌手
映画「旅立ち~足寄より~」のレビュー
泉谷しげる☆総合スレ(2ch)


泉谷しげるさんの出演動画

他の出演動画をみる


基本情報(wikipediaより抜粋)

泉谷 しげる(いずみや しげる 本名・茂、1948年5月11日 – )は、日本のシンガーソングライター(主にフォークソング)、俳優、タレント。青森市長島出身の両親の元で生まれ、東京都で育つ。尚、青森県に住んだことはなく、ほとんど東京都出身と表記されている。血液型O型。「このヤロー!」「バカヤロー!」「舐めんなよ!」などの罵声が有名。

シンガーソングライター

東京都立目黒高等学校を1週間で中退後、いろいろな職についたが長続きせず、当時「神様」といわれた岡林信康に衝撃を受けフォークシンガーを目指した。「フォークゲリラ坂崎幸之助商店」にゲスト出演した時、はっぴいえんどにも影響を受けたと語っている。
この頃には漫画雑誌『ガロ』に投稿し、漫画家を目指そうとしていた。

エレック時代

1971年にライヴアルバム『泉谷しげる登場』でエレックレコードからデビュー。
古井戸(加奈崎芳太郎・仲井戸麗市)、ピピ&コット(佐藤公彦・よしだよしこ)、生田敬太郎らと唄の市コンサートに参加。
このころ、よくライブでRCサクセションや古井戸と一緒にライブをやる。
よしだたくろう退社後の看板スターとして、エレックレコードを支える。
1972年セカンドアルバム『春・夏・秋・冬』をリリース。加藤和彦がプロデュースを務める。タイトル曲「春夏秋冬」は彼の代表曲となる。なお、シングルでも発売されたが同名アルバムの音源ではなく、オムニバスライブアルバム『野音 唄の市』収録のライブバージョンでシングル化された。シングル盤ジャケットに「実況録音盤」と書かれている。理由は、エレック関係者が「アルバムの音源はシングルにするにふさわしくない」と言ったからだと言われている。また、1988年には、ロックアレンジで再シングル化されている。
その後も、『地球はお祭りさわぎ』(1972年)、『光と影』(1973年)をリリース。中川イサト、西岡たかしとの連名アルバム『友だちはじめ』(1973年)や、イエロー、ラストショウを従えロック色を打ち出したアルバム『黄金狂時代』(1974年)を発表したのち、エレックレコードを辞める。
のちに、デビュー前のスタジオ録音デモテープ集がアルバム『ベースメント・テープス』として発表される。
また、フォークシンガーとしてデビューする際に、東京都出身では、ハクがつかないので、エレック社の方針で、青森出身として売り出した(アマチュア時代に出演していたライブハウス『青い森』に由来するなどの説があったが、2007年2月18日BSフジの『オールナイトニッポンアゲイン』で、3歳までは青森で育ったようだが、両親がそのことをまったく言わなかったなどと発言した)。

フォーライフ時代

1975年、小室等、井上陽水、吉田拓郎とフォーライフ・レコードを設立。その第1弾アルバムとして『ライブ!!泉谷-王様たちの夜-』(1975年)を発表。
フォーライフ4人衆の連名ライヴアルバム『クリスマス』発表。
1976年アルバム『家族』、『イーストからの熱い風』(1976年アメリカ録音のライヴアルバム)を次々と発売。
当時の泉谷はアルバムを作る際、次のアルバムタイトルを既に決め発表していた。
『ライブ!!泉谷-王様たちの夜-』の帯に『家族の前の…』など記してある(再発物ではない)。
1977年、ストリート・ファイティングメンをバックバンドにしたロックアルバム『光石の巨人』(1977年)を発表し、これを最後にフォーライフレコードを去る。
吉田拓郎らの歌謡曲フォーク路線に嫌気がさしたという説や、当時「テレビ出演拒否派」の代表だった陽水や拓郎が「テレビ出演推進派」の泉谷にクレームをつけたなどの説がある。

1970年代末・ワーナー時代

加藤和彦プロデュースのアルバム『80のバラッド』、『都会のランナー』を発表。
このころの泉谷作品は、ゆったりとしたロック・ヴォーカルを志向。加藤和彦もゲストヴォーカルで参加。
評価は高かったがセールスには結びつかずライブ数を減らし、俳優の仕事が増える。

1980年代前半・ポリドール時代

石井聰亙映画『狂い咲きサンダーロード』にて美術を担当。また音楽として『電光石火に銀の靴』、『翼なき野郎ども』、『国旗はためく下に』の各楽曲を提供。
石井聰亙映画『爆裂都市 BURST CITY』にて美術を担当。自らも俳優として出演している。
ニューウェイヴ志向のバックバンド”BANANA”を従えた『オールナイト・ライヴ』を発表。
今村昌平映画『ええじゃないか』のタイトル曲「ええじゃないか/IBO!今夜は徹夜だぜ」発表。
ポリドールと契約後、スタジオアルバム『NEWS』、『39°8′』、『ELEVATOR』、ライヴアルバム『REAL TIME』発表。

1980年代後半~1990年代

自主制作ミニアルバム『スカー・ピープル(忌野清志郎プロデュース)』発表。吉田建・村上”ポンタ”秀一(ドラム)を中心としたLOSERをバックバンドに活動。仲井戸麗市、下山淳も参加。アナログ志向を全面に打ち出す。
『週刊少年ジャンプ』の投稿コーナー・ジャンプ放送局で、泉谷のキャラクター性がギャグ投稿の特集にされ、泉谷人気が復活しはじめる。
ビクターからアルバム『吠えるバラッド』『SELF COVERS』『HOWLING LIVE』『’90sバラッド』『叫ぶひと囁く』『下郎参上(下郎名義)』『WILD BLOOD』『メッセージソングス』『追憶のエイトビート』を次々と発表。
この当時、テレビ大阪の番組『竜馬で行く!』のメインパーソナリティーを務める(共演:太平サブロー、越前屋俵太)。
氷室京介のソロデビューアルバム『FLOWERS for ALGERNON』に収録の「独りファシズム」の作詞を担当。
北海道南西沖地震被災者救援のために「お前ら募金しろ!」と言うフレーズで、日本ユニセフ協会の協賛を受け「一人フォークゲリラ」と称したゲリラライヴを日本各地で敢行。その模様は自主制作ライヴ盤として発表。シングル『なぜこんな時代に』『激しい季節』は被災した人たちへの応援歌。
1995年1月の阪神・淡路大震災発生の際は、いち早く被災者救援のために立ち上がり、震災当日の夜から北海道南西沖地震の時と同じ「お前ら募金しろ!」と言うフレーズでゲリラライヴを日本各地で敢行。また、震災直後の神戸に入り、オールナイトニッポンの特番で被災者の生の声を中継した。そんな中で、同じく被災者救済を訴えていた大江千里と共に嘉門達夫のチャリティーシングル『怒りのグルーヴ ~震災篇~』のレコーディングに参加。その功績により、年度終盤にもかかわらず1994年度(第32回)ゴールデン・アロー賞特別賞受賞。
北海道南西沖地震・長崎普賢岳噴火・阪神大震災のチャリティーライブを開いた際には、忌野清志郎・小田和正・吉田拓郎・さだまさし・大江千里ら多数のアーティストが駆けつけている。

1990年代末から現在

2001年のアフガニスタン侵攻のとき都内でゲリラライヴを敢行した。
また派手な毒舌を交えた辛口の歌いっぷりや評論も人気。
メジャーレーベルと自身のIZレーベルからアルバムを並行リリースしている。
盟友忌野清志郎らと忌野・泉谷・スパイスマーケットを結成。ライブツアーを行うなど精力的な活動を行う。レコーディング予定もあったが泉谷は『Dr.コトー診療所』のロケを優先。それ以来、忌野とは音信不通となってしまった。
2004年、ガガガSPのコザック前田とのユニットでシングル「生活/永遠のウソつき」もリリース。後に前田のソロアルバム『東須磨は夕方6時』にも2人が歌った「生活」が収録されている。
2007年、今作で5期目となるTVアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』のオープニングテーマを歌っていた(2008年より変わった)。
2008年、5月11日還暦記念ライブを実施。秋、7年ぶりとなるニューアルバムをポニーキャニオンよりリリースすることを発表した。
同年10月4日(土)22:00~5日(日)早朝にかけて60歳を記念して60×60泉谷しげる展覧会と銘打ち60曲のオールナイトライヴを行った。終演は5:28だった。
ライブは3部構成に分けられ、それぞれの部各20曲を披露。60曲としていたものが3部は20曲の後にアンコール2曲を入れ合計62曲に。
2部と3部の間、及び全曲終了後には全CD購入者に対するサイン会を実施した。全員のサインが終わったのは開演から8時間40分後の6時40分であった。
各方面で後世に残るコンサートだと評されている。
参加メンバー 藤沼伸一(g)、人時(b)、大島治彦(d)、中西康晴(kb)、小林香織(sax,flu)、
仲井戸麗市(g)、下山淳(g)、泉谷しげる(vo,g,バンジョー)
2009年、盟友忌野清志郎の死去に際し、「あいつの死は受け入れたくない、葬儀にも行かないし、冥福も祈りたくない。俺の中ではあいつは生きてるんだ」とコメントする。実際に、2度行われた忌野のロック葬に泉谷が現れることはなかった。また、破天荒な性格が忌野の影響によるとも明かした。5月5日より公式サイトにて「忌野清志郎・伝」という連載を開始した。
2010年より「地方活性化」を合言葉に各地のイベントをギター一本で回る「ロード・オブ・ライブ」を本格的に始動。還暦ライブの際、公式発表されたこのプランをミュージシャンとしての原点回帰と位置づけて精力的に取り組んでいる。
2010年日本における口蹄疫の流行の中、公式ブログ「兎猫豚(うびょうとん)のみらい日記」において、宮崎の応援と、政府やマスコミへの憤りを表明。FAO国連食糧農業機関の支援を日本政府が拒否した事や報道が不十分である事などにも触れ、海外メディアの取材を受ける事で状況の改善を試みている。
2011年3月、東日本大震災に際してGACKTや真矢と共に被災者救援募金活動「SHOW YOUR HEART」(心意気を見せろよ)を展開。

俳優

俳優としても活動しており、『ハチ公物語』『ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎音頭』『稲村ジェーン』『Dr.コトー診療所』『女王の教室』などで好演。