柏木由紀 « 芸能人の彼氏・彼女の噂や、演技や歌の評価なら芸能人情報データベース

柏木由紀

柏木由紀さんの情報です

柏木由紀さんの気になる噂(彼氏情報など)

柏木由紀さんの演技や、出演作品のレビュー

柏木由紀さんにまつわるエピソード

柏木由紀さんの出演動画

柏木由紀さんの基本情報



柏木由紀さんの気になる噂(彼氏情報など)

AKB48柏木由紀ちゃん熱愛? ネットやBUBUKA(雑誌)で、柏木由紀ちゃ…(2011年)
柏木由紀の熱愛の真相
◆AKB柏木由紀とジャニーズJr真田佑馬の熱愛発覚2(2010年)


柏木由紀さんの歌唱力や、演技力のレビュー

AKB48の歌唱力ベスト5を教えてください。 フレンチ・キスで一人だけ他の二人を…
AKB48の柏木由紀と小嶋陽菜はどちらが歌唱力ありますか?
AKB48柏木由紀 「豊胸やってませ~ん♪天然巨乳で~すwww」


柏木由紀さんにまつわるエピソード

エケペディア
柏木由紀の「腹黒い」エピソードを教えて^^
AKB48 柏木由紀のちょっといい話 握手会にて


出演動画

他の出演動画をみる


基本情報(wikipediaより抜粋)

柏木 由紀(かしわぎ ゆき、1991年7月15日 – )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループAKB48チームBのメンバーである。同チームではキャプテンを務める。
鹿児島県鹿児島市出身。ビスケットエンターティメント所属。

人物

人見知りでマイペースな性格をしている。また高橋みなみや仲谷明香、米沢瑠美などからは、「芯が強い」、「絶対にぶれない芯が心の奥にある」と言われている[4]。
自他共に認める雨女である[5]。
料理が苦手で、17歳になってはじめて鶏卵を割れるようになった[6]。また、『AKBINGO!』(2009年8月27日放送分)では生卵の殻を菜箸で剥き、司会のバッドボーイズにツッコまれたことがある。
よくメンバーに私服やジャージがダサいことを指摘される。本人も地味であることを自覚している[7]。
中学2年生から使い始めた同じジャージを毛玉だらけになってもずっと使用していたり、同じレッスン用の靴を約3年半の間、ボロボロになったところを4回も縫って修理しながら履いていたりと、貧乏性な一面がある[8]。また携帯電話も同じものを約4年間使用している[9]。
憧れのアイドルは松田聖子と松浦亜弥[10]。小学校2年生の時に行ったモーニング娘。のコンサートがきっかけで女性アイドル好きとなり、情報集めのためにパソコンの扱いを習得、「朝から晩まで1日中パソコンの前にい(た)」[8]。元モーニング娘。メンバーの石川梨華の大ファンで、2011年現在も「今でも神だと思う。生まれ変われるなら石川さんになりたいです。声も顔も見た目も全部」と発言するほど[11]。自身の将来の夢は「一生アイドル」[12]、また「アイドル専門学校をつくりたい」とも述べている[11]。
趣味は、音楽鑑賞、カラオケのほか、折り紙、塗り絵、けん玉、デザイン文字の模写。本人曰く「手先を使う単純作業が好き」、「1人遊びが好き」[13]。また、卓球も好きである。
カラオケは友達やメンバーと行くのが苦手[14]で、基本的に母親としか行かない[15]が、宮澤佐江とは時々行くことがある。
幼少時には『美少女戦士セーラームーン』のファンであった[8]。
長い移動時間が好きである[16]。
好きな男性のタイプはピンクの似合う人[17]。
好きな食べ物にスイカやサーモンなどを、嫌いな食べ物にニンジンや牛乳、セロリなどを挙げている[18]。
特技は、リコーダー・トロンボーン演奏[19]、音ゲー、タイピング、とうもろこしをきれいに食べること[20]。
前髪をイジるのが癖であるが、本人はそれを指摘されるまで気付いていなかった[21]。
口癖は「本当に!?」「なるほど」に加え、「さぁ、さぁ、さぁ、さぁ」・「まぁ、まぁ、まぁ、まぁ」など、擬音を4つ重ねて言うことが多く、これらの口癖には本人も気づいている[22]。
小学校4年生から中学校3年生まで吹奏楽部に所属しており、トロンボーンの担当であった[23]。『AKB48 チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」公演』でも、トロンボーンを担当していた。
中学校3年生の時点での握力は7kgだった[24]。16歳時点では23kgだった[25]。
本人は「運動は苦手」と公言しているが、『週刊AKB』で2010年5月に放送された「春の体力測定」の企画では、18人中反復横跳びで3位タイ、立ち幅跳びで2位タイ、50メートル競走で4位に100分の1秒差で5位、その他の競技でも平均以上を記録し、総合成績では4位となった。また『AKB48ネ申テレビSP版 チーム対抗! 春のボウリング大会』(2010年4月30日)では、ストライクを出したり、ベビースプリットをクリアするなど、人生で3回目のボウリングにして終始安定した投球をした。
走幅跳の鹿児島県代表に選ばれたことがある[26]。
昔、サッカーを習ってたことがある[27]。
自宅が大好きで、仕事の合間の10分でも帰宅したいほど。他人を自宅に入れることや、他人の家やホテルに外泊することが嫌いで、仲の良い片山陽加でさえも、自宅には10分も入れなかった[28]。
メールのやり取りが好きではなく、メンバーからのメールには受信40分後に応えたりまた全く返信しなかったり(これが後述の「ブラック」評につながっている)、自ら疑問形のメールを送信しないようにしている。ただ、メンバーの誕生日には自らお祝いメールを送信することもある。
幼稚園に入る際、「あのかわいいバスに乗れなきゃ生きてゆけない」と駄々をこね、その通園バスを運行していた音楽専門の幼稚園に入園した。その幼稚園時代の歌やダンスの学習成果をAKB48で活かしている。
父親を郷里の鹿児島に残し母親とともに上京、以来2人暮らしで[8]、柏木自身は、映画『DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?』の撮影で鹿児島を訪れるまで、4年間帰郷しなかった[29]。「(芸能界に入るのは)絶対にダメ!」と言っていた「(父)親の反対を押し切って東京に出てきたので、すぐには帰れないというのもあった」うえ、「地元の友達にも東京に出てくるギリギリのタイミングで打ち明けた部分もあったので、自分が満足できるようになるまではなかなか帰れないな」と思っていたとのこと[30]。
肩関節が柔らかい[31]。
肘の皮フェチである[32]。
鳩が苦手[33]。
温泉の源泉数が日本で二番目に多い鹿児島県[34]出身にもかかわらず、2010年末に『AKBと××!』の企画で「有馬温泉兵衛向陽閣」のコマーシャルに出演するまで、人生で一度しか温泉に入ったことがなかった[35]。
フレンチ・キスの同じメンバーでもある高城亜樹同様、石が好き。[36]
2011年上半期のグーグル急上昇検索ランキングで、AKB48メンバーの中で1位になった。[37]
アイドルを目標としていたため、「演技をやるなんてこれっぽっちも思ったことがなかった」ということもあり、「ドラマや映画はほとんど見ないで20年間生きてきた。だから(ドラマに出演するようになり)演技の引き出しのなさに困ってます」とのこと[11]。また、現在も家族とは鹿児島弁で会話することもあり[38]、「標準語に感情を乗せるのが難しい」という[11]。

AKB48関連

キャッチフレーズは「寝ても覚めてもゆきりんワールド! 夢中にさせちゃうぞ!」「私のこと好きですか? 好きって言ってくれなきゃ拗ねちゃうもんねっ!」。柏木自身、痛いキャッチフレーズであることを自覚している[39]が、AKB48は人数が多いので少々のイタさも必要だと思っているのだという。
愛称は主に「ゆきりん」だが、AKB48の2008年5月4日の公演から菊地彩香(現:菊地あやか)に「ブラック柏木」と呼ばれ始めた(その時に着用していた服が黒かったことに由来。現実には「メールに返信しない」「約束をドタキャンする」「ボソッと毒を吐く」などのエピソードが語られる事から「見た目はお嬢様っぽい清純派なのに実は腹黒い」イメージがメンバー中で定着してしまっているという[40])。また、宮澤佐江からは「りんちゃん」、多田愛佳などからは「かしわぎちゃん」、小嶋陽菜や篠田麻里子からは「かしわげちゃん」と呼ばれている。ちなみに小学生時代には、大きな丸メガネをかけていたことから「メガネザル」と呼ばれており、本人は気に入っていたとのこと[27]。実際には視力は1.5ある。さらに、「必ず1回の握手会で10人ぐらいに『本当にまりもっこりに似てるんですね』って言われる」(垂れ眼に丸顔なところが)[35]ということもあり、前述の「ブラック柏木」の件と合わせて「ブラックまりもっこり」とも呼ばれている。
オーディションを受ける前からAKB48のファンで、オーディションの歌唱審査後の面接で普段歌う曲について聞かれた際にも「カラオケに行ったら、AKB48の曲を、同じ曲を全部10回ずつぐらい歌います」と答えていた[8]。
秋元康からは「余りにもみんなに気を遣い過ぎて、時々目が泳いでます」と指摘されている[8]。
リアクションが大きいことから『AKBINGO!』では「リアクション女王」と呼ばれている。
「アイドルは常に笑っていないといけない」が口癖で人前では絶対に涙を見せず、倉持明日香から「寝顔も澄まし顔」と評される“アイドル魂”の持ち主[41]。「私の中にうれしいの涙はないんです。悔しい、悲しいときしか涙腺は響かない」とのこと[11]。握手会では一人一人ときちんと目を合わせ、しっかり手を握ることから「握手会の女王」と評され、これが2011年選抜総選挙での大躍進に繋がったとされる[42]。
『週刊AKB』にて結成された「AKB激辛部」の部長を務めるが、実は辛いものはあまり好きではない[43]。
AKB48メンバーでもっとも仲が良いのは片山陽加、宮澤佐江[38]。渡辺麻友、仁藤萌乃、仲谷明香、田名部生来、峯岸みなみ[44]、指原莉乃、北原里英らとも仲が良く、渡り廊下走り隊のメンバーとも総じて仲が良い。宮澤佐江とはAKB歌劇団で共演して以降仲良くなり、あまりに仲が良すぎるためレズ疑惑がある[38]。
『AKB48 チームB 5th Stage「シアターの女神」』ではソロユニット「夜風の仕業」を担当。旧チームBメンバーでは初の、AKB48全体でも大島優子、秋元才加に続く3人目のソロユニット担当となった。
チームBメンバーが選ぶ、チームBの「ダンス王」に選ばれた[45]。
SKE48の「アイドル研究会」に所属している。会員番号は5番。
片山陽加、仲谷明香と「チーム控えめ」を構成している。この「控えめ」に田名部生来が加わると「キューテェーちーむ」になる。
AKB48に入る前の中学生時代、AKB48が出演していたラジオ番組のプレゼントに初めて応募し、当時のメンバー全員のサイン入り「スカート、ひらり」のポスターが当たったことがある[46]。
Google検索で、AKB48メンバー中、2011年年上半期に最も検索ボリュームが増加したランキング1位となった[47]。