加藤あい « 芸能人の彼氏・彼女の噂や、演技や歌の評価なら芸能人情報データベース

加藤あい

モデルからドラマ、映画とヒロインとして大活躍の加藤あいさんの情報です
加藤あい

加藤あいさんの気になる噂(彼氏情報など)

加藤あいさんの演技や、出演作品のレビュー

加藤あいさんにまつわるエピソード

加藤あいさんの出演動画

加藤あいさんの基本情報



加藤あいさんの気になる噂(彼氏情報など)

加藤あいさんって今彼氏いるんでしょうか?
加藤あいは恋人いるんですか?結婚する気あるの?現在CD出したり写真集出したりし…


加藤あいさんの演技や、出演作品のレビュー

『別格』加藤あいより演技がうまい女優はいない!
映画「LIMIT OF LOVE 海猿」のレビュー
加藤あいさんって演技上手いですよね!? 加藤あいさんって演技上手いですよね!…


加藤あいさんにまつわるエピソード

加藤あいの対談、インタビュー集
芸能人酒癖エピソード 加藤あいが温泉で泥酔して・・・


加藤あいさんの出演動画

他の出演動画をみる


基本情報(wikipediaより抜粋)

加藤 あい(かとう あい、1982年12月12日 – )は、日本の女優、タレント。デビュー当初は本名の加藤 愛(読みは同じ)で活動していた。
愛知県西春日井郡新川町(現清須市)出身。所属事務所はサムデイ。
身長162cm、B86W58H88 Eカップ 血液型O型。堀越高等学校出身、亜細亜大学国際関係学部卒業。学位は学士(国際関係学)(亜細亜大学)。好きなスポーツはゴルフとボクシングと水泳。一人っ子。

人物

女優デビューを機に、愛知県から母親と上京した。現在でも、インタビューなどで母親との仲の良さを語ることがある。
高校の同級生に、深田恭子や仲根かすみがいる。深田とは、ゲームソフト『ユーラシアエクスプレス殺人事件』や映画『新宿少年探偵団』で共演したこともあって、特に仲が良かった。現在では、中島美嘉・Crystal Kay・AIなどの女性アーティストとも親しく、彼女たちが出演する音楽番組にトークゲストとして登場することもある。
10代の頃から、7歳年上の畑野ひろ子とも仲が良い。『森田一義アワー 笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」(2002年6月28日)で畑野が加藤を「お友達」として紹介した際には、畑野のことを堂々と「ひろちゃん」と呼んでいた。後年畑野が『ウチくる!?』にゲストで出演した際にも、ビデオレターで登場している。
カラオケが苦手であることを公言している。しかし、ボーカリスト志望の女子高生・瀬戸キヨカを演じた『ベストフレンド』の最終回や、DVD『加藤あいのI・N・G VOL.2』では歌声を披露している。
趣味は海外旅行で、語学留学を経験したこともある。Gyaoで配信された連続ドラマ「マンハッタンダイアリーズ」の撮影では、およそ10ヶ月にわたってニューヨークへ滞在していた(2007年1月10日発売の『an・an』に掲載のインタビューより)。
名前が阿藤快に似ているため、間違いやすい。番組で、「24人の加藤あい」のパロディーで、「24人の阿藤快」 という企画が作られたこともある。
最近では、トーク番組やインタビューなどで、ゴルフが好きなことを明かしている。
愛車は黒のポルシェ・カイエン

エピソード

『ピチレモン』のモデルになる前に、14歳でリハウスガールのオーディションを受験。本名の加藤愛でインタビューを受けた際の映像が、『ASAYAN』(テレビ東京系列)で放送された。その後、『月刊デ・ビュー』に掲載された情報を見たことをきっかけに、両親に内緒で(前所属)事務所のオーディションへ応募。加藤自身がフォトエッセイ『なないろの愛』で明かしたところによれば、書類選考を通過した際には、事務所のスタッフが「(加藤を映した)ビデオだけでも送って欲しい」と母親を説得する一幕があったという。ちなみに、デビューしてから中学3年生の途中までは、仕事のたびに実家から上京していた。
ネプチューンの深夜番組『ネプいっ!』(テレビ朝日系列)へゲストで出演した際に、原田泰造扮する”原田大明神”の「巴投げ」を経験した。加藤自身も後年、『なないろの愛』やインタビューなどで、その経験を述懐している。ちなみに、2009年5月28日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系列)内「新・食わず嫌い王決定戦」で玉山鉄二と対決した際に、加藤の紹介シーンで巴投げの瞬間の映像が流された。
サッカー選手・楢崎正剛のファンを公言していたことが縁で、2001年には『さんまの天国と地獄』、2003年にはFIFAコンフェデレーションズカップのダイジェスト番組にそれぞれゲストで出演した(いずれもフジテレビ系列で放送)。
前所属事務所の公式サイトで無料動画を配信していた2006年には、動画によるトーク番組「カフェユカイ」にレギュラーで出演。テレビでは見せない素顔を披露していた。
2009年5月3日には、当時出演していた『魔女裁判』(フジテレビ系列の連続ドラマ)に福山雅治の楽曲『化身』が使われた関係で、『福山雅治のSUZUKI TALKING F.M.』(TOKYO FM制作、JFN37局ネット番組)へゲストとして登場。「芸能界に入った頃に聴きまくった曲」として、リクエスト曲に『HELLO (福山雅治の曲)』を挙げていた。[1]
ドラマ『チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋』の共演者からは「ラブ」というあだ名で呼ばれている(下の名前である「あい(愛)」を英訳しただけ)名づけたのは、TKOの木下隆行。
前述のドラマでは、仲村トオルとは海猿以来5年ぶり。伊藤淳史とは映画海猿以来6年ぶりの共演となる。