小嶋陽菜 « 芸能人の彼氏・彼女の噂や、演技や歌の評価なら芸能人情報データベース

小嶋陽菜

神7メンバー、チームAのこじはること小嶋陽菜さんの情報です!
小嶋陽菜

小嶋陽菜さんの気になる噂(彼氏情報など)

小嶋陽菜さんの演技や、出演作品のレビュー

小嶋陽菜さんにまつわるエピソード

小嶋陽菜さんの出演動画

小嶋陽菜さんの基本情報



小嶋陽菜さんの気になる噂(彼氏情報など)

AKB48小嶋陽菜 “恋愛禁止”にかなり欲求不満なようです~
誤爆!AKB小嶋陽菜が手越とツイッターでつぶやいた!1年前から交際の噂
小嶋陽菜の誤爆騒動に見る、NEWS手越祐也のシャレにならない私生活


小嶋陽菜さんの歌唱力や、演技力のレビュー

AKB48の柏木由紀と小嶋陽菜はどちらが歌唱力ありますか?
AKB歌唱力ランキング


小嶋陽菜さんにまつわるエピソード

AKB48の意外なエピソード特集!
こじはるのエピソードまとめ
こじはること小嶋陽菜は天才だと思う Part7


小嶋陽菜さんの出演動画

他の出演動画をみる


基本情報(wikipediaより抜粋)

小嶋 陽菜(こじま はるな、1988年4月19日 – )は、日本のアイドル、女優であり、女性アイドルグループAKB48チームAのメンバーである。
埼玉県出身。プロダクション尾木所属。スリーサイズはB80cm – W60cm – H86cm。

人物

キャッチフレーズはデビュー以来「埼玉県から来ました。こじはること小嶋陽菜です」を使用。郷土愛が強く、自称「チーム埼玉」のメンバー[2]。
極度の運動音痴で、体が硬い[3]。
性格は人見知りで面倒臭がり屋、さらにとてもマイペースで常におっとりしている。
知覚過敏[4]。
お笑い芸人・ケンドーコバヤシのファンである[5]。
浦和レッドダイヤモンズのファン。好きな選手は元浦和のワシントン・ステカネロ・セルケイラ[6]。
弟がいる[7]。
AKB48卒業メンバーの駒谷仁美とは親友の間柄。また、マリエとは10年来の付き合い[8]。
主な愛称は「こじはる」だが、前田敦子からは「にゃんにゃん」[9]、篠田麻里子からは「ニャロ」[10]、大島優子からは「小嶋さん」「にゃんにゃん」以外に「姫」[11]、など様々な呼ばれ方をしている。他にも「こじぱ」「こじまる」「まるこじ」「なんにゃん」などがある。ただし、初期メンバーはあだ名と併用して板野友美や峯岸のように「陽菜」と本名で呼ぶことも多い。また、かつて高橋は「ぱるさん」「ぱる」と呼んでいた。峯岸は「はるにゃん」と呼ぶこともある。「にゃんにゃん」を略して「にゃん」と呼ばれることもある。
日本中央競馬会 (JRA) のCMに出演した関係で競馬をしたことがある。篠田によると「競馬新聞を読んでは、馬の名前とゼッケンの色だけで当てる」[12]。
『めちゃ²イケてるッ!』の『抜き打ちテスト』に出演した際、珍解答を連発し、中学校卒業相当の学力テストで12人中11位の成績(5教科合計:261 / 500点)だった。なお、AKB48とSKE48のメンバーだけで実施された『週刊AKB』の中間テストでは20人中12位、期末テストでは18人中8位の成績を残している。
愛犬のうさ・みみ(ともにトイプードルのメス)は衝動買いで購入した[要出典]。
料理が得意。『ギブアップ嬢』の「ギブアップ飯」企画では料理が下手そうという理由でかき揚げを作るように指示される。かき揚げを「カキのから揚げ」と勘違いするなど、不穏な滑り出しだったが「形があるチヂミっぽいもの」というヒントを得、自身の創作料理「巻き揚げ」[13]を披露。「かき揚げよりおいしい」「全部の素材が生かされている」「料理界の新発見かもしれない」など、予想外の高評価を得た。また、大島優子からは手作りのチーズケーキの美味しさが評価されている[14]。これらのことから『メレンゲの気持ち』出演時に高橋に「嫁に欲しい」と言われた。

AKB48関連

オーディションに応募した理由について、応募方法が携帯電話で自分の写真を撮影するだけ(写メール)だったため「その写真なら、何十倍も可愛く撮れると思った」[15]、「応募の看板を見た時に、たまたま写メがかわいく撮れたから送っちゃった」[16]と語っている。
最終オーディションでは「渡良瀬橋」を歌い[17]合格したものの、怪しさを感じ、最初のレッスンを「バイトがあるから」という理由で休もうとしたが、AKB48劇場支配人の戸賀崎智信から必死に説得されたため、結局参加した[18]。
ドラマ『山田太郎ものがたり』に出演することが決定した際は、AKB48メンバー単独でのドラマ初出演だったため[19]、メンバー全員から祝福された[20]。
前田敦子とともに、「Everyday、カチューシャ」まで全シングルの選抜メンバーに入っている。また、『19thシングル選抜じゃんけん大会』では3位となり、15位の前田敦子はメディア選抜ではないため、2011年3月時点では全てのシングルでメディア選抜となった唯一のメンバーとなっている。
じゃんけん大会では、『有吉AKB共和国』の企画で占い師ラムメスが選んだ「勝利の赤」のドレスを着用した[21]。その後は同番組内でも赤いドレスを着用している。
ノースリーブスでは『マイペース担当』となっている。
AKB48メンバー全員に出されている恋愛禁止ルール(片思いはOK)についてプロデューサー秋元康は、小嶋に対しては解禁するタイミングの「GOサインを出す」と告げられているという[15]。