倉持明日香 « 芸能人の彼氏・彼女の噂や、演技や歌の評価なら芸能人情報データベース

倉持明日香

温厚な性格で格闘技や野球が大好きな倉持明日香さんの情報です
倉持明日香

倉持明日香さんの気になる噂(彼氏情報など)

倉持明日香さんの演技や、出演作品のレビュー

倉持明日香さんにまつわるエピソード

倉持明日香さんの出演動画

倉持明日香さんの基本情報



倉持明日香さんの気になる噂(彼氏情報など)

AKBの倉持明日香さんって いるじゃないですか なんか過去にブルセラ? がどうとか…
倉持明日香は2時間しか寝ない日がある
メンバーの意外な人脈


倉持明日香さんの歌唱力や、演技力のレビュー

AKB48ファンになって数ヶ月なんですが… 倉持明日香の魅力って何ですか? 素質はありそ…


倉持明日香さんにまつわるエピソード

AKB48の倉持明日香ちゃんはレズ?女の子好き? なんですか?? 昔にそんな…
倉持明日香のエピソード


倉持明日香さんの出演動画

他の出演動画をみる


基本情報(wikipediaより抜粋)

倉持 明日香(くらもち あすか、1989年9月11日 – )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループAKB48チームAのメンバーである。
神奈川県出身。2010年5月4日から、ワタナベエンターテインメント傘下のビスケットエンターティメント所属。

人物

父は野球解説者で、元プロ野球投手の倉持明[1][4]と母、2人の兄(1人は11歳上)[2]の家族構成。その関係もあって、プロ野球選手名鑑の解説者一覧では、倉持明の欄に明日香の名前が掲載されていることがある。
家族の中だけでなく、高校時代も同級生の間では「妹分的な感じ」だったとのこと[5]。
父の影響で千葉ロッテマリーンズのファン。同年齢の唐川侑己を注目選手として挙げているほか、中島裕之(埼玉西武ライオンズ)のファンでもある。文化放送の『AKB48 明日までもうちょっと。』の動画サイトでは中島と里崎智也(千葉ロッテ)の打撃フォームと渡辺俊介(千葉ロッテ)のものまねを披露している[6]。2010年4月23日にはチバテレビ『CTCマリーンズナイター』に出演し、解説者として出演した父とテレビで初共演した[7]。
野球とプロレス観戦が好き[1]で、特に、小橋建太(プロレスリング・ノア)と中邑真輔(新日本プロレス)のファン。『AKBINGO!』では、3度にわたり[8]「小橋の小話」を直筆の紙芝居で熱弁し、3度目の出演時には、偶然以前の出演回の放送を視聴していた小橋本人からのVTRコメントが放送され感涙した。そのコメントで試合に招待され、2009年8月12日放送分では、秋元才加と河西智美の3名で小橋の試合を観戦し、熱烈な声援を送っていた場面が放送された。当該放送分では、小橋から贈られたサイン入りの服を着用し披露した。倉持が小橋の好きな部分として挙げているのは「逆水平チョップをしている際の左腕の角度」。その他、佐々木健介・北斗晶夫妻(健介オフィス)のファンでもある[9]。また、間下隼人(リアルジャパンプロレス)は倉持の熱狂的ファンである。
幼少の頃から、父とキャッチボールやティーバッティングをしていたため、バットを持っただけでテンションが上がる。また、2010年9月7日に神宮球場で開催された東京ヤクルトスワローズ対広島東洋カープ第17回戦でフレンチ・キスを代表して始球式を行った際には、父親と前日に練習をし[10]、ボールは打者の背中側に逸れたものの、マウンドから投げて、ホームベース付近まで届いた。
学生時代はドッジボールクラブに所属していた[11]。『AKBINGO!』の「ムチャぶりドッジボール」企画ではアウトになったことがない。
「緊張してなさそう」とよく言われるとのこと[12]。また非常に温厚な性格で、『有吉AKB共和国』[13]のドッキリ企画で研究生(当時)の石黒貴己と島田晴香の二人が倉持を怒らせようとしたが、なかなか怒らせることができなかった。普通の人なら即座に怒り出すような行為を数十分も耐え、最終的に怒ったものの、仕掛け人に対してただ怒りをぶつける訳ではなく、毅然とした態度で改めるように注意を訴えた。VTRを見ていた有吉弘行は「(普段)怒らない人の怒り方だ」と語った。
尊敬する人は、江頭2:50[14]。
一番好きな食べ物に、手羽先を挙げている[15]。
憧れの人物は柴咲コウ。将来は女優もできて歌も歌える人になりたいと語っている[16]。
いきものがかりのファン。吉岡聖恵に憧れていると自身のブログでも発言している。
食事量は多めで、ラーメンや冷やし中華などを朝食として食べることすらある[12]。
験担ぎのために仏壇を参拝するとのこと[12]。

AKB48関連

最終オーディションを受けた際、歌唱審査で審査員が目の前に並ぶ中、初めて見た秋元康を「目に焼き付けとこう」と思い、秋元だけをずっと見続けた[5]。
オーディション合格後、両親に猛反対されるが、兄(長男)が両親を説得、AKB48入りを認めさせた。正規メンバー昇格後、結果が出ないためやめることを考えた際にも、同じ兄が倉持を叱咤激励し思いとどまらせたとのこと[2]。
主な愛称は「もっちぃ」。また自称として、ブログなどで「もちくら」という表現を使う。
現行のチームAでは、同様に旧チームKから移籍した松原夏海と親友になる。
松原夏海の「え、なんで怒ってんの?笑ってるほうが楽しいじゃん」の言葉をきっかけに、怒ることとか悩むことはあまりしなくなったと語っている[17]。
AKB48のメンバーについては「友達ではなく仲間」だが「私は仲間はライバルだと思っている」と答えている[12]。
格闘技好きであることを買われ、19thシングル選抜じゃんけん大会では、”格闘技の直前にアナウンサーが控室に行くノリ”でイベント直前の中継レポーターをするよう当日に指示され大役をこなした[12]。
他人の二の腕を噛むのが癖で、メンバーの二の腕にも頻繁に噛みついている[12]。また他人の耳たぶをいじるのも好きで、『週刊AKB』で、倉持が耳たぶを堪能するだけというミニコーナー「Cave de Kuramochi」まで企画された[18]。
AKB48のメンバーを変わった呼び方で呼ぶことが多い。(秋元:もっさん、宮澤:ぽっちゃん、指原:ぴーや、高城:お茶丸 等)
第2回選抜総選挙では、家族・親戚一同がCDを約500枚買い集め投票に参加したが、今回はそのような支援は行わなかった[19]
『マジすか学園2』ではメンバーに対し、(コブラツイストやボストンクラブ等)のプロレス技を手加減なしでかけたので、佐藤亜美菜と佐藤由加理は「本気で痛かった」と語っており、倉持自身も「メンバーに技をかけれて嬉しい。ストレス解消になった」と語っている[20]。