宮崎あおい « 芸能人の彼氏・彼女の噂や、演技や歌の評価なら芸能人情報データベース

宮崎あおい

宮崎あおいさんの情報です

宮崎あおいさんの気になる噂(彼氏情報など)

宮崎あおいさんの演技や、出演作品のレビュー

宮崎あおいさんにまつわるエピソード

宮崎あおいさんの出演動画

宮崎あおいさんの基本情報



宮崎あおいさんの気になる噂(彼氏情報など)

宮崎あおいと高岡蒼甫が結婚式で記者に1枚も写真を撮らせなかった理由
完全にヒモ状態の高岡蒼甫、いまでは宮崎あおいに尽くすタイプに
宮崎あおい&高岡蒼甫ダブル不倫の噂


宮崎あおいさんの演技や、出演作品のレビュー

オカンの嫁入りのレビュー
宮崎あおいの演技力について
宮崎あおいの演技力
少年メリケンサック
初恋の感想


宮崎あおいさんにまつわるエピソード

宮崎あおい 一度別れていた!運命的な再会エピソードとは
宮崎あおい 宮崎あおいの性格がわかるエピソードを教えてください
宮崎あおいのエピソード


宮崎あおいさんの出演動画

他の出演動画をみる


基本情報(wikipediaより抜粋)

宮﨑 あおい(みやざき あおい、1985年11月30日 – )は、東京都出身の日本の女優。所属事務所はヒラタオフィス。身長163cm。血液型O型。趣味は写真。特技はネイルアート。夫は俳優の高岡蒼甫、俳優の宮崎将は実兄。

略歴

4歳の時、子役デビュー。CM(サントリー緑水など)や雑誌を中心に活動した。ドラマや映画にも出演していたが、名前の付かない役が多かった。
役名をもらい、本格的に女優業を始めたのは1997 – 1999年頃から。映画デビューは大林宣彦監督作品『あの、夏の日 / とんでろ、じいちゃん』(1999年)。その後、ピチレモンのモデル(ピチモ)として毎月レギュラーで登場して人気を得た。2001年、映画初主演の『害虫』で、第23回ナント三大陸映画祭コンペティション部門主演女優賞を受賞(映画公開は2002年)。2002年、『EUREKA』で第16回高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞。同年、BS-iの『ケータイ刑事 銭形愛』で連続テレビドラマ初主演。2003年初舞台で主演をつとめたミュージカル『星の王子さま』(演出:白井晃)で、第41回ゴールデン・アロー賞演劇新人賞受賞。同年、アニメ『魔法遣いに大切なこと』で声優初挑戦。その後も、アニメの映画やドラマ、ドキュメンタリーのナレーションなど声に関わる仕事もしている。
2005年、中島美嘉とダブル主演を務めた『NANA-ナナ-』が、2005年度実写邦画観客動員数第2位、興行収入40億円の大ヒット。ブレイクのきっかけとなった。2006年、NHKの連続テレビ小説『純情きらり』で、ヒロイン・有森桜子役を好演。お茶の間にも広く認知された。同作で第44回ゴールデン・アロー賞放送賞(ドラマ部門)を受賞。
2008年、NHK大河ドラマ『篤姫』で、主人公の篤姫を演じる。放送開始時の年齢22歳1か月は、大河ドラマの主役としては歴代最年少(それまでは『義経』の滝沢秀明の23歳9か月が最年少であった)。

人物・エピソード・交友関係

映画『害虫』やCMで共演し、同い年の蒼井優と仲が良く、お互いを「あおい」「優」と呼び合い、互いに励まし合っている。また、2000 – 2001年に放送された秘密倶楽部o-daiba.comおよび株式会社o-daiba.com美少女IT戦士リアルシスターズで共演した、栗山千明、須藤温子、ベッキー、松本まりかとも仲が良い。過去に出版したフォトエッセー「the+me」では「RSZ(リアルシスターズの略)」が一番大切な仲間と述べていた。4人共フォトエッセーに寄稿している。
リンゴの皮剥きが得意であり[1]、アフラックのCMの中でもその腕前を披露している。
長く「宮崎」として活動していたが、2005年1月から「宮﨑」という表記に変更した。本人自身は「どちらでも特にこだわっていません。」とのこと。
普段、両親からは「あいちゃん」や「あおちゃん」と呼ばれている。
映画出演が多く、民放のテレビドラマ出演が少ない理由に関して「10代のころは若いだけでアイドル視される傾向があったので映画だけに出演したいというこだわりがあったが、今では、ドラマでも映画でもカットにかける時間とかはやっぱり違うし、もちろん映画が一番好きで自分のバックグラウンドなのに変わりはないけれど、(ドラマでも映画でも演技者として)伝えるものに変わりはないとわかって、そういうこだわりはなくなった」と語っている。