宮澤佐江 « 芸能人の彼氏・彼女の噂や、演技や歌の評価なら芸能人情報データベース

宮澤佐江

宮澤佐江さんの情報です

宮澤佐江さんの気になる噂(彼氏情報など)

宮澤佐江さんの演技や、出演作品のレビュー

宮澤佐江さんにまつわるエピソード

宮澤佐江さんの出演動画

宮澤佐江さんの基本情報



気になる噂(彼氏情報など)

AKB48宮澤佐江のモバメ誤爆を検証!“えば”は彼氏?!
AKB宮澤佐江、電通関係者との枕営業発覚か?!
AKBの宮澤佐江が「えば」と言われる彼氏が出来たのって本当ですか?? 解雇されて…


歌唱力や、演技力のレビュー

AKB48の歌唱力について。 AKB48の総選挙上位10名の中で歌唱力に順位をつけるとした…
AKB48の宮澤佐江ちゃんと柏木由紀ちゃんと前田敦子ちゃんと大島優子ちゃんの中で誰…


エピソード

代々木第一体育館コンサートエピソード
AKBペディア


出演動画

他の出演動画をみる


基本情報(wikipediaより抜粋)

宮澤 佐江(みやざわ さえ、1990年8月13日 – )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループAKB48チームKのメンバーである。
東京都出身。office48所属。

人物

キャッチフレーズは、「チームKの元気のみなもと」、「ゲンキング(Genki+King)」。AKB48内では、ボーイッシュキャラで通っている[4]。
性格的に「男性寄りのサバサバさ」を持つ[5]。一方、情に厚く、自身の学校の卒業式では入場の時点で泣いてしまった[6]、AKB48メンバーの卒業時などは当人より泣いてしまう[7]、『AKBINGO!』で、バッドボーイズの番組卒業(実はドッキリ企画)を知った時も真っ先に涙ぐみ、その後のネタ晴らしで卒業しないことが分かった時も涙した[8]、東京マラソン2011で完走した秋元才加を迎えた際は、完走した秋元以上に号泣する、など涙もろい面もある。
チームBの佐藤夏希とLoveのMISAKIとは高校の同級生[9]。
家族構成は、両親と兄2人(7歳上の「りょうじ君」と、5歳上の「しーちゃん」)と、本人。父は『ママとあそぼう!ピンポンパン』の3代目お兄さんを務めていた宮沢芳春[10][11]。『AKB600sec.』で宮澤を特集した際は、家族全員が出演した。さらに次兄のファンクラブが結成されている[12]。
AKB48メンバーといる時はしっかりしているという評価を受けることが多いが、家族内では末っ子ということもあり、母と一緒でないと買物でなかなか決められず、一緒の布団でないと寝られないので20歳を機に自立したいと考えている。[13]。
綺麗好き[14][5]。
高橋みなみ曰く「楽屋の片付けとか、気付いたら佐江ちゃんがゴミを片付けてたりする」、「自分がやらないとっていう意識がすごい高い」[15]。
嫌煙家で、生前同居していた祖母を含む自分以外の家族が全員喫煙していた当時、「家に帰った瞬間タバコ臭いのが許せなくって、『こんな家いたくない!』っつってプチ家出した」ことがある[5]。
「一に挨拶」「気持ち良く挨拶しようと心がけている」ため[5]、スタッフや周りへの挨拶や礼儀を欠かさない。番組スタッフからは「笑顔気配りNo.1。彼女の事を悪く言う人は、メンバーは勿論スタッフも含め見たことがない」[16]「仕事をしたスタッフは、皆彼女を好きになります」[17]などと評されており、『AKB48 22ndシングル選抜総選挙』結果発表イベントの司会者徳光和夫は、その際の宮澤の挨拶や楽屋裏での所作などについて「目配り、気配り、心配り、この3拍子が揃っている」と褒め、”息子の嫁にしたい(AKB48)メンバー第1位は?”という問いに宮澤を挙げた[18]。
アイドリング!!!のファン。特に6号の外岡えりかとは仲が良く、雑誌『スコラ』2010年1月号では対談を果たしている。その逆に、17号の三宅ひとみは宮澤のファンで、AKBアイドリング!!!での共演をきっかけに、メル友になった。
幼少時、ピアノ、ジャズダンス、タップダンス、ストリートダンスなどを習っていた[19]。
小学校時代、運動会のリレーや徒競走で常に1位になるほど短距離走は速かった[5]。
中学校時代はバスケットボール部に所属していた。一時期いじめにより不登校となっていたが、同部の顧問でもあった恩師の叱咤激励で立ち直った[20]。
漢字の読み書き、読書が苦手で本人も「知能的なところは足りなさすぎる」と「つくづく感じている」[5]。『クイズ!ヘキサゴンII』に出演した際は、予選テストの成績が全出演者21名中最下位の6点(50点満点)で、次に悪かった板野友美、山田親太朗の11点の半分程度だった上、連想クイズでは、ヒント出題時に「ペルー」をペリー、「赤道」を国際日付変更線と勘違い、回答者となった際には、「太平洋」という問題に対する大島優子の「一番広い海」というヒントに「湖」「琵琶湖」と回答、司会の島田紳助に「だいぶキツイわ」「絶対アカン」、大島からも「今じゃなくて今後が心配」とコメントされている[21]。
トミカ収集が趣味[22]。
バッドボーイズ・清人を慕っている[8]。「フレーズミュージアム」で清人に採用された際は「超嬉しい」と大喜びしていた[23]。
好きな男性のタイプは俳優の瑛太[24]。
弁当の包装紙のにおいフェチ。包まれて死にたいくらい好き[25]。

AKB48関連

チームKの主力メンバーの一人であり、旧チームK結成以後18thシングルまで全てのシングルで選抜入りを果たしていた。
秋元才加とはチームK創設時からの同期であり、所属事務所も同じ。メンバー内でも身長が高い二人を合わせて、チームKの「ツインタワー」という愛称で呼ばれ、Chocolove from AKB48での活動や初出演ドラマ『正しい王子のつくり方』での共演、新ユニット「DiVA」など、秋元と行動を共にすることが多い。『AKB48ネ申テレビ』では秋元のことを「永遠の相方」とも語っている。
大島優子、秋元才加、柏木由紀、小林香菜、仁藤萌乃などと非常に仲が良い。河西智美、増田有華、峯岸みなみ、前田敦子などとも仲が良い。
愛称は、主に「さえ」「さえちゃん」「さえたむ」「さえぽ」。柏木由紀や倉持明日香などからは「ぽっちゃん」と呼ばれている。
私服について、メンバーからの評判は悪くないものの、ファッション関係者からは酷評されがちである。
『AKBINGO!』の企画「AKB48私服コレクション」では、3回にわたって同コーナーの審査員・植松晃士に酷評され、いずれの評価も最低の「おブスファッション」だった。司会のバッドボーイズからよくこのことをネタにされるだけでなく、握手会でもファンから「今日の私服、50点」などと言われたため、「相当この企画でネガティブになっている」[26]らしい。過去3回の「おブスファッション」の等身大パネルまで作られる羽目となった[27]。
『爽快情報バラエティー スッキリ!!』のドン小西のファッションチェックコーナーに私服のサルエルパンツにパーカーというラフなスタイルで出演した際[28]にも、「頑張ってるけれども、ラフ≠だらしない。」という理由で5段階評価中「星1つ」という評価を受けた。
メールの文章力については業界関係者からも高評価を受けている。
『AKBINGO!』の企画「メール美人コンテスト」では、過去4回のうち、第1・3回で優勝、第2・4回はそれぞれ前田敦子・柏木由紀に1票差で準優勝。コメンテーターとして出演している如月音流からは、「天才の宮澤さん」とコメントされる[29]など、毎回絶賛されている。
映画『高校デビュー』の公式モバイルサイト(レコチョク)で、恋愛メールを宮澤が添削する企画[30]や、『宮澤佐江モテメール指南塾』という企画が設定された[31]。
『NHK紅白歌合戦』をはじめ、『POP JAM』、『MUSIC JAPAN』など、AKB48が出演するNHKの音楽番組には、メンバーで唯一初登場から連続出演している。『19thシングル選抜じゃんけん大会』では敗退したため、それまで同じく連続出演していた高橋みなみ、板野友美らと同様に、「チャンスの順番」で連続出演が途切れるところだったが、宮澤のみ前田敦子の代役として出演したため、連続出演記録は2011年現在も継続中。
AKB48初代「イケメンガール」。男役として挑んだAKB歌劇団での村雨ルカ役、『マジすか学園』での学ラン役でそのイメージを定着させ、2011年4月に配信された男装電子写真集がDL数1位を獲得した。メンバーから「イケメン」「男」、河西には「王子様」等と呼ばれる。
その他、「佐江ちゃんを好きになるのは皆が一度は通る道」[32]、「佐江ちゃんはホントにメンバーにモテる」、「(松井)珠理奈が『カッコいい』とずっと言ってた」、「(宮澤と松井珠理奈が)練習しているところを北原里英が恋する乙女のまなざしで見ていた」、「倉持明日香が一緒にいたい為だけに寝れないと言って部屋に行った」[33]」、米沢瑠美からは「みんなの彼氏」と称されるなど、メンバーの人気者でもある。
『新堂本兄弟』[34]に出演した際、リハーサル中に宮澤を見た堂本光一は、宮澤をジャニーズJr.と勘違いした。
『AKBINGO!』の企画「DANSO甲子園」でバーテンダーに扮した際、格好良さに倉持明日香が号泣し、優勝。髪をオールバックにしてライダースに扮した際には、河西智美、多田愛佳、板野友美から高評価を受け、準優勝した。
『AKBと××!』の「AKBと腕相撲。ケンカ最強は誰だ?」企画の腕相撲大会で優勝した[35]。
面倒見が良く、『AKB48ネ申テレビ』では倉持明日香が「体調不良や悩み事があるメンバー、不安そうにしているメンバーに気づくのが誰よりも早い」と語っている[36]。
『AKBINGO!』で毎年年始に行われる、手相で一年の運勢を決める「ラッキーガールランキング」では、2010年には出演したメンバー中最下位だったが、翌2011年の同企画では出演メンバー中1位で「ラッキーガールNo.1」となり、鑑定した島田秀平に「とてつもなく良かった」「今年新しいことがぐんぐん広がって、2013年にとてつもない成果があるんじゃないか」などと言われ、嬉し泣きした[27]。