水嶋ヒロ « 芸能人の彼氏・彼女の噂や、演技や歌の評価なら芸能人情報データベース

水嶋ヒロ

俳優として人気を得、今は小説家として活動されている、表現者・水島ヒロさんの情報です

水嶋ヒロさんの気になる噂(彼女情報など)

水嶋ヒロさんの演技や、出演作品のレビュー

水嶋ヒロさんの出演動画

水嶋ヒロさんの基本情報



水嶋ヒロさんの気になる噂

水嶋ヒロ、絢香のためにマンション購入
水嶋ヒロ(齋藤智裕)が俳優復帰!?かねて噂の市橋達也役!
【kagerou】水嶋ヒロの500万円奄美大島寄付の真相に迫る!【現金ではなく本?】


水嶋ヒロさんの作品や、演技・出演作品のレビュー

中森明夫氏による『KAGEROU』の個人的な感想
齋藤智裕(水嶋ヒロ)「KAGEROU」の読書感想 【レビュー】
水嶋ヒロの演技力についてどう思いますか? 品川裕監督のドロップという映画を見ま…(Yahoo!知恵袋)
ドラマ「メイちゃんの執事」のレビュー
映画「ドロップ」のレビュー


水嶋ヒロさんの出演動画

他の出演動画をみる


基本情報(wikipediaより抜粋)

水嶋 ヒロ(みずしま ヒロ、本名・筆名:齋藤 智裕(さいとう ともひろ)、1984年4月13日 – )は、日本の俳優、小説家、表現者。2010年9月以降、俳優業での活動を休止? 身長180cm。体重65kg。血液型AB型。

略歴

1984年、東京都生まれ。父親の仕事関係で、幼少時代から小学校卒業までスイスのチューリッヒで過ごしていた帰国子女である。そのため、英語が堪能である。スイスで暮らしていた頃は住んでいた所が田舎で自然が多かったため自然や動物達と戯れたりして遊ぶ無邪気な少年だったという。学校は現地のインターナショナルスクールに通っていた。中学入学にあわせ帰国、桐蔭学園中学校・高等学校を受験し入学。中・高ではサッカー部に所属し、高校3年生のときに出場した第81回全国高等学校サッカー選手権大会ではレギュラーのミッドフィールダーとして活躍。準決勝まで進んで国見高校と対戦したが、平山相太などにゴールを決められて敗退している。高校卒業後は慶應義塾大学環境情報学部に入学し、2008年3月に卒業。
大学在学中の2004年、自分の将来やりたい職業や目標を見つけるために一人で海外へ留学してみようと思い、その資金集めのため短期間で高収入を得られるアルバイトを探していたところ、仲が良かった芸能関係の仕事をしていた大学の先輩からモデルの仕事を紹介され、ファッションモデルとしての仕事を始めた。それからしばらくの間モデルの仕事をしていたが、ある日芸能事務所の人から声をかけられ、所属していたモデル事務所ギグマネジメントジャパンから研音へと移籍した。テレビ初出演は、『くりぃむナントカ』の「合コン日本シリーズ」(2004年11月23日、30日放送)で、2005年にドラマ『ごくせん』で速水もこみちのバーターで背景・モブ生徒役で出演し、俳優として本格的にデビューした。その後、数々のドラマに端役・脇役などで出ていたが、2006年に放送された『仮面ライダーカブト』では主人公の仮面ライダーカブト/天道 総司役を演じ人気と注目を集め、さらに翌年放送の『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』出演により特撮ファン以外の層にも認知されることとなった。その後はコンスタントにドラマ・映画などで活躍。

研音からの退社・独立

2010年9月20日をもって、所属事務所「研音」を退社。事務所側は執筆活動に専念するためと発表した。これにより作家に転身・芸能界引退と報じられたが、水嶋本人が2010年9月23日放送の「めざましテレビ」(フジテレビ系)の取材に応じ引退を否定した(ただし映像や文書等はなく、友人で同局アナウンサーの中村光宏を通じた伝聞である)。また同じ日に放送された「情報プレゼンター とくダネ!」(フジテレビ系)では、司会の小倉智昭が親交のある水嶋の妻・絢香から前日に受け取ったメールの要約を報じた。その主旨はめざましテレビでの水嶋のコメントと一致している。
両番組で2人は事実と異なる報道に困惑しているとし、水嶋が執筆活動などと共に俳優業を続ける意向であると表明した。絢香の楽曲を管理する会社を既に設立しており(2人の活動のための会社であるという一部の報道を9月23日時点では否定)、今後は水嶋のマネジメントも同社が担当する方針で、他の事務所には所属せず独立して活動するとしている。
11月5日、新たな公式サイト「Hiro’s Field」を開設。

第5回ポプラ社小説大賞受賞

同年10月31日、本名である齋藤智裕(応募当時のペンネームとして「齋藤智」)名義で執筆した処女小説『KAGEROU』により、第5回ポプラ社小説大賞を受賞したと発表・報道された。同賞はエンターテインメント小説を対象とする文学賞で、第2回から第4回まで大賞受賞者がいないため二人目の大賞受賞者となった。水嶋は6月に芸名も肩書も伏せたまま原稿を投稿し、大賞決定後に編集者が「齋藤智裕」に会いに行った際に初めて作者が水嶋だったと分かったという。刊行予定については「全く未定。急げば年内に間に合わないこともないが、担当編集者がじっくり手を入れることも考えると、いつ刊行されるか見通しが立たない」。 約4分間の挨拶では、作品の内容よりも所属事務所を退社した騒動への説明が大半を占め、事実上のタレント・水嶋ヒロの再出発会見であった。
なお、特別賞を受賞した浜口倫太郎が「イケメンの上に、性格もいい」と自身のブログで語っている。
また、第8回『このミステリーがすごい!』大賞の隠し玉でデビューした作家の七尾与史は『KAGEROU』を読んで、「僕はあんまり水嶋ヒロという青年を知らなかったんですが、この小説を通して一気に好きになってしまいました」と語っている。

人物

この節に雑多な内容が羅列されているので、本文として組み入れるか整理・除去する必要があります。このタグは2010年8月に貼り付けられました。
自身が演じてた役柄などからクールなイメージを持たれることが多いが、トーク番組やバラエティ番組に出ている時は天然ボケぶりを披露することが多く、共演者からもよく「天然」や「抜けている」と言われることが多々ある。
音楽が好きで、たまの休日には自宅にある楽器や機材などで友人と音遊びなどをしたりしている。
読書が好きで、色んなジャンルの本を読むが、最近では株や投資に興味があるため、主にビジネス書や経済書を読むのにハマっている。
月9ドラマ『東京DOGS』では役作りのため、髭を伸ばした。またこの頃、まゆ毛が薄くなってるのは主演映画『BECK』の役の為にまゆ毛を抜いた為である。

エピソード・交友関係

フジテレビアナウンサーの中村光宏とは出身大学が同じの同期生で現在のように二人が有名人になる前からの友人同士であった。中村がフジテレビに入社した2007年に「いつか一緒の番組で共演しよう」と約束を結んでおり、そして、2010年8月25日放送の『笑っていいとも!』コーナー「テレフォンショッキング」にてこれが実現し、このエピソードを明かした。
また、中村と同じくフジテレビアナウンサーの斉藤舞子と、水嶋の姉は同じ大学の同級生で昔はよく水嶋家へ遊びに行っていたため、水嶋のことをデビュー前からよく知っていて、よく可愛がっていたとのこと。ちなみに水嶋ヒロの姉は2000年度の準ミス慶應である(この年のグランプリを獲ったのは、現在日本テレビのアナウンサーとして活躍してる鈴江奈々)。
以前にドラマ・映画などで共演した木村拓哉、生田斗真、品川祐とも一緒に食事に行ったり、自宅に招かれたりと交流があり仲が良い。主演映画『BECK』の撮影では練習のため、木村から愛用のギターを貸してもらった。