成海璃子 « 芸能人の彼氏・彼女の噂や、演技や歌の評価なら芸能人情報データベース

成海璃子

大人びた役柄が人気の成海璃子さんの情報です

成海璃子さんの気になる噂(彼氏情報など)

成海璃子さんの演技や、出演作品のレビュー

成海璃子さんにまつわるエピソード

成海璃子さんの出演動画

成海璃子さんの基本情報



成海璃子さんの気になる噂(彼氏情報など)

成海璃子のゴシップ

成海璃子「友達がすごく少ない」とポツリ…彼氏の存在も否定(2011年)


成海璃子さんの演技や、出演作品のレビュー

成海璃子の演技力について質問です。
志田未来さんや成海璃子さんみ
受験の神様のレビュー
少女たちの羅針盤のレビュー
武士道シックスティーンのレビュー


成海璃子さんにまつわるエピソード

成海璃子のインタビュー動画集
成海璃子の対談、インタビュー集
成海璃子、スゴイね。このエピソードだけで好きになったw


成海璃子さんの出演動画

他の出演動画をみる


基本情報(wikipediaより抜粋)

成海 璃子(なるみ りこ、1992年8月18日 – )は、日本の女優、ファッションモデルである。本名、塚本 璃子(つかもと りこ)。
神奈川県横浜市神奈川区出生、川崎市出身。研音所属。
堀越学園高等学校卒業。身長163cm。趣味は読書、特技はピアノ・三線・ギター。ラジオ『SCHOOL OF LOCK』での愛称はリコピンである。

人物

家族構成は、両親・弟。
デビュー当時は、本名である塚本で活動していたが、現在は、芸名で活動している。また、女優の他にモデルとしても活動し、様々な雑誌に出ている。モデル活動に関しては、同世代の女性に対しての「人気取り」だと発言した事もある。
椎名林檎のファンで、「カラオケでも林檎さんだけでずっと歌い続けられる」と言う程の熱狂的なファンである。また、ニルヴァーナの大ファンでもあり、「寝る前も朝起きたときもニルヴァーナ、という日もあるぐらいニルヴァーナが大好き」と言う。最近は、エレファントカシマシにはまり、「今宵の月のように」を、ラジオ番組で弾き語りをした。また、メレンゲの気持ちでの自室紹介では、INUや筋肉少女帯、村八分、猛毒、高田渡、はっぴいえんどのCDを紹介していた。この番組で出演者の臼田あさ美と好きな音楽の趣味がまったく同じであることが発覚し、それ以来、2人でライブに行ったり、ギターを持って旅行に行ったりするなどプライベートで非常に仲が良い。臼田とは仲良くなる前からライブ会場でお互いを見かけたりしていた。
アパレル・ブランドのヒステリックグラマーを好み、雑誌「Hana*chu→」や「melon」にも、ヒステリックグラマーの私服を着ている写真が掲載されていた。 
小さい頃から、深海魚が大好きだった。
自宅でトイプードルの「あずき」(メス)を飼っており、休日には多摩川を散歩するなどして、過ごす時間を大切にしている。
好きな作家は、乙一で、特に『ZOO』と『夏と花火と私の死体』が好きだという。
好きな食べ物は、鳥ワサ、なめたけなど[2]。また、おもいッきりDON!第1部 おもいッきりPON!では、好きなおやつとして、あたりめとエイヒレを紹介していた。
苦手な食べ物は、練り物類。苦手なものは、小さい子供と凄いエネルギーで迫ってくる人。
ロングヘアをとても気に入っており現在の髪の長さは腰まである。

女優として

各雑誌·映画の公式サイト等で外見・性格ともに「大人びている」と評価されることが多く、実年齢より年上の役を演じる事も多い。『1リットルの涙 特別編〜追憶〜』では、撮影当時14歳でありながら23歳の看護師役を演じた。また、『ハチミツとクローバー』では、撮影当時15歳でありながら、18歳(初登場時)の大学生役を演じた。
演技を「キャッチボール」と捉え、「私の唯一の表現」と語っている。役に自分を重ね合わせることはない。
将来は「幅広い演技の出来る女優」を目指しており、「映画では海外の作品にも出たい」「舞台やコメディもやってみたい」などと、幅広い方向に興味を示している。演じたい役もひとつにしぼれないほどあるという。
台本は活字を追って読むのではなく、話の流れとその役の心情を体のどこかに入れるつもりで読むことを心がけている。曰く「そうすれば、言い回しが台本と違っていても、間違ったことは言わない」
ピアノが上手く、幼い頃から習っていた。しかし、主演映画『神童』では「小学生の時に辞めてしまったので、勘を取り戻すのには苦労した」と語っている。三線はドラマ『瑠璃の島』への出演がきっかけで習い憶え、2007年の『瑠璃の島 SPECIAL 2007』では、三線を弾きながら歌うシーンが見られるほど上達した。
ドコモのCMに出演していたが、携帯電話は、連絡の手段として所持しているだけで、それ以外では自分にとっては必要ないものだと語った。
映画『イキガミ』のインタビューで「死ぬ気でチャレンジした経験」を訊かれ、「いまかもしれない。芝居もそうだし、芝居じゃないところでも」と答えている。