オダギリジョー « 芸能人の彼氏・彼女の噂や、演技や歌の評価なら芸能人情報データベース

オダギリジョー

個性的で洗練された演技と、大胆なファッションで注目を集めるオダギリジョーさんの情報です

オダギリジョーさんの気になる噂

オダギリジョーさんの演技や、出演作品のレビュー

オダギリジョーさんの出演動画

オダギリジョーさんの基本情報



オダギリジョーさんの気になる噂

オダギリジョーの噂(うわさ)や情報


オダギリジョーさんの演技や、出演作品のレビュー

東京タワー オカンとボクと、時々、オトンのレビュー
オダギリジョー映画レビュー
ドラマ「時効警察」の感想
仮面ライダークウガのレビュー


オダギリジョーさんの出演動画

他の出演動画をみる


基本情報(wikipediaより抜粋)

オダギリ ジョー(本名:小田切 譲(おだぎり じょう)、1976年2月16日 – )は、岡山県津山市出身の日本の俳優。鈍牛倶楽部所属。岡山県作陽高等学校卒業。カリフォルニア州立大学フレズノ校休学中。身長176cm。体重60kg。

来歴・概要

俳優デビューまで

岡山県津山市にて生まれ育つ。

母子家庭だったため、幼少時は映画館に預けられて育った。この事が映画監督を目指すきっかけとなる。

岡山県作陽高等学校(特別進学コース)卒業後、高知大学理学部に合格するも、入学辞退。高校卒業後、ヒューマン国際大学機構大阪校にて英語を学んだあとアメリカに渡りカリフォルニア州立大学フレズノ校に入学。映画監督を志望していたが、入学願書の記入ミス(「drama」の文字を目にした時点で監督養成コースだと勘違いし、マークを付けてしまった)により不本意ながら俳優養成コースを受講、2年間にわたり演技を学ぶ。

芸名「オダギリジョー」の読みは本名だが、表記が漢字ではなくカタカナなのは、「譲」だと「ゆずる」と読まれてしまうから、と語っている。また、アレクサンダー・ロックウェル監督の映画『イン・ザ・スープ』の登場人物である初老の男・ジョー(シーモア・カッセル)について「この映画を見て僕は自分の名前をジョーにした」とユーモア溢れるコメントをしている。

デビュー後

養成所卒業後すぐに、『仮面ライダークウガ』(2000年)の主役に抜擢され、主人公五代雄介(ごだい ゆうすけ)を好演。

映画初主演を果たした2003年公開の映画『アカルイミライ』は、カンヌ国際映画祭に正式出品された。この作品は、日本映画プロフェッショナル大賞で作品賞を受賞しオダギリ自身も主演男優賞を受賞。同年、『あずみ』の演技で、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

2004年公開の映画『血と骨』ではビートたけし演じる金俊平の息子、朴武を演じた。この映画における出演の時間は極めて短かったが、ビートたけしとの過激な喧嘩シーンを中心に演じ、同年度の国内の映画賞の助演男優賞を多数獲得した。

2005年公開の映画『オペレッタ狸御殿』ではチャン・ツィイーと共演。『メゾン・ド・ヒミコ』ではゲイの青年という複雑な役柄を演じ、前年度に続き主演での男優賞を複数獲得した。

映画監督として

映画監督としての志が強かったため、現在は機会があれば、自らメガホンを取って短編映画などを製作している。

2003年に放送されたNHK『いま裸にしたい男たち』のなかで、脚本・監督による『バナナの皮』の製作過程を追っている。テーマはディスコミュニケーション、出演者は、河原さぶ、村上淳、松岡俊介、田中哲司。

2005年に放送されたNHK『トップランナー』では、監督・撮影の『フェアリー・イン・メソッド』がわずかだが流れた。出演者はオダギリの友人。

2007年には自らの脚本・監督による『さくらな人たち』を撮影。第38回ロッテルダム国際映画祭に出品された。出演者は、河本準一、河原さぶ、三谷昇、他。公開は2009年4月10日より3日間のみであった。なお、同年7月17日にはDVDが発売された。

同年6月1日放送の『帰ってきた時効警察』第8話では脚本・監督を務めた。放送日まで、「トム・ジョンイル」名義となっていた。

バラエティ番組

デビュー後しばらくは、『秘密の爆笑大問題』(札幌テレビ)のレギュラー出演者を務めるなど、バラエティ番組にも積極的に出演していた。『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ)では、オダギリを気に入ったさんまがその後、何度もオダギリに話を振ってきたため「すごく怖くなった」そうである。

2000年12月からの3年間、BSフジの情報バラエティ番組『週刊BSデジタルマガジン』でタレントの阿部美穂子と共にレギュラー司会者を担当。お笑い芸人として駆け出しの頃の青木さやかや、松田大輔(東京ダイナマイト)とも共演する。

しかし現在は俳優業に専念する意志が強く、バラエティー番組への出演機会は当初に比べて極端に減少している。一方、NHK『いま裸にしたい男たち』(2003年)、NHK『トップランナー』(2005年)、毎日放送『情熱大陸』(2005年)等の、人物密着型ドキュメンタリー・トーク番組への出演は多い。先に記したような番組は現在、DVDなどの家庭視聴向けの販売はされていない。

ファッション

極めて大胆かつ個性的である。現在でもファッション関連の雑誌で頻繁に表紙を飾る。特に記者会見や授賞式等では、格式にとらわれない個性的なスタイルで出席する事が多い。そのセンスはドン小西も認めており、「(ファッションで)自分の存在をアピールしている」「とにかく何でも挑戦するところが素晴らしい」と評価している

日本アカデミー賞では、2005年は片側だけモヒカンスタイルという髪型で出席。最優秀助演男優賞の受賞が華を添えた。2006年はプレゼンターとして出席。その奇抜なヘアスタイルには、最優秀助演男優賞を獲得した堤真一が堪えきれず、「受賞の喜びよりもお前の頭、何や!?」と全出席者の心の声を代弁。会場全体が大きな笑いに包まれた(堤とは、テレビドラマ『ビギナー』で共演以来、親交が深い)。2007年受賞時は、アフロヘアで出席。2008年受賞時は、黒いアイメイクで出席した。

カンヌ国際映画祭では、タキシードを腕まくりしてレッドカーペットを歩き、関係者を驚かせた。本人いわく「本当は上着を脱ぎたかったが、脱いだら会場に入れないのでこうした」とのこと。