小栗旬 « 芸能人の彼氏・彼女の噂や、演技や歌の評価なら芸能人情報データベース

小栗旬

舞台「時計仕掛けのオレンジ」でのアレックス役や、出世作『花より男子』から、数々のドラマに出演中の俳優・小栗旬さんの情報です

小栗旬さんの気になる噂

小栗旬さんの演技や、出演作品のレビュー

小栗旬さんの出演動画

小栗旬さんの基本情報



小栗旬さんの気になる噂

氷山の一角! ”ウッズ病”の小栗旬と交際中の山田優に同情の声が殺到!(2010年)

小栗旬と山田優、青山でドライブデート!交際は順調(2010年)

小栗旬 香椎由宇と熱愛?フライデーが報じる(2007年)


小栗旬さんの演技や、出演作品のレビュー

ドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス~」のレビュー

ドラマ「花より男子」のレビュー

観劇 『時計じかけのオレンジ』(舞台「時計じかけのオレンジの感想」)

ドラマ「東京DOGS」の感想

監督作品「シュアリー・サムデイ」の評価


小栗旬さんの出演動画

他の出演動画をみる


基本情報(wikipediaより抜粋)

小栗 旬(おぐり しゅん、1982年12月26日 – )は、日本の俳優。東京都小平市出身。明星学園高等学校中退。所属事務所はトライストーン・エンタテイメント。身長184cm。血液型O型。左利き。

来歴

1994年、女優内田有紀に憧れて小学校6年の時に児童劇団(宝映テレビプロダクション)に入団し、子役エキストラからスタートした。

1998年、ドラマ『GTO』・吉川のぼる役で連続ドラマ初のレギュラー出演。同時期には中学で自分の持ち物がトイレに捨てられるなどの陰湿ないじめに遭い、登校拒否になった経験がある。

1999年、高校の出席日数が足りず学業に専念するため芸能活動を一時休止。しかし『GTO』で共演した同世代の俳優たちが活躍している姿を見て焦りを感じ、授業をさぼりがちになり荒れてしまう。その後、父に一喝され俳優業に専念するため高校3年に上がる前に中途退学。テレビドラマや映画を中心に俳優業を再開する。 高校を中退してから数年間、俳優業の傍らガソリンスタンドやカフェなどでアルバイトをしていた時期があった。

2000年、ドラマ『Summer Snow』で堂本剛演じる篠田夏生の弟・耳に障害を持つ篠田純役で注目を集めた。この役は5度のオーディションの末に勝ち取ったもので、以降コンスタントに仕事が来るようになったと後に語っている。

2003年、舞台に本格的に進出。同年、蜷川幸雄演出の舞台に初出演。以後、蜷川作品の常連となる。2006年、舞台『タイタス・アンドロニカス』にエアロン役で出演。同役は30〜40代の体格のいい黒人が演じることが多かったが、全くタイプの違う小栗が演じたことが話題になり、イギリス公演では”セクシーのカリスマ”と評された。また、『名探偵コナン10周年ドラマスペシャル「工藤新一への挑戦状〜さよならまでの 序章(プロローグ)〜」』の工藤新一役を原作者の青山剛昌による推薦で射止め、単発ドラマ初主演を果たした。

2007年、オールナイトニッポンのパーソナリティに抜擢。ドラマ『花より男子2 リターンズ』の花沢類役でブレイクし、 『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』の佐野泉役で更に人気に火を付けた。映画では主演作『キサラギ』、『クローズZERO』がヒット。『情熱大陸』では史上初となる2週連続で特集され、翌年DVD化。舞台『カリギュラ』では自身初のタイトルロールに挑戦した。

2008年、『貧乏男子 ボンビーメン』では貧乏大学生役で連続ドラマ初主演を果たし、前年の活躍が評価されエランドール賞新人賞など多数の賞を受賞。映画『花より男子F』、ドラマ『夢をかなえるゾウ』や『花ざかりの君たちへ…』のスペシャル版に出演。

2009年、NHK大河ドラマ『天地人』で石田三成役(同役は、1996年の大河ドラマ『秀吉』で少年期を演じて以来で、13年ぶりとなる)、舞台『ムサシ』で佐々木小次郎役、『TAJOMARU』で主演の畠山直光役を演じるなど、時代劇作品への出演が相次いだ。その他、ドラマ『スマイル』に出演、ドラマ『東京DOGS』で月9初主演。

2010年、映画『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』やドラマ『歸國』に出演、ドラマ『獣医ドリトル』ではTBSドラマ初主演。俳優業の他、映画『シュアリー・サムデイ』で俳優としては史上最年少となる映画監督デビューを果たした。

2011年、舞台『時計じかけのオレンジ』で主役のアレックス役に抜擢され、1月より公演。蜷川幸雄演出以外の作品への出演は約6年ぶりであり、演出家・河原雅彦と初タッグを組んだ。また、主演映画『岳-ガク-』が公開予定。

人物

父は舞台監督の小栗哲家、母はバレエ講師。兄と姉がおり、兄は元俳優で『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』、『間違いの喜劇』で共演した。犬が3匹いる。

  • 趣味は野球・音楽鑑賞・フィギュア収集・LEGO組立。野球については、「中目黒上腕二頭筋」というチームに所属しているが、メンバー全員が社会人になり集まることが難しくなったため、最近はほとんど試合が出来ていないと言う。ちなみに上腕二頭筋ではセンターでクリーンアップを打つほどの実力を持っている。
  • プロ野球は家族そろって阪神タイガースファンである。本人によると父親と兄が熱狂的な阪神ファンであり、その影響もあり自身も阪神ファンになったとの事。
  • 身長184cm、股下89cmとスタイルが良く、ファッション誌に登場することが多い。また、ブランドやファッション誌とコラボレーションして服やアクセサリーなどのデザインも手がけることもある。
  • 内田有紀の大ファンで、イベントに参加したりアルバムを擦り切れるまで聴くほど熱心であった。デビュー後はなかなか共演の機会がなかったが、映画『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』で共演を果たした。
  • 尊敬している俳優はドラマ『救命病棟24時(第3シリーズ)』と映画『キサラギ』で共演した香川照之、舞台『タイタス・アンドロニカス』などで共演した吉田鋼太郎。
  • 高校時代にオーディションを控えていたにも関わらず、髪をモヒカンにして眉毛を剃ってしまったことがある。通っていた高校では生徒内で文化祭では派手な格好をするという決まりがあったが、当時も俳優として仕事をしていたのですることが出来ず、同級生から「お前はいつも普通の格好だ」と言われたことがきっかけであったが、父親やマネージャーから激怒され、事務所をクビにされかけた。また、モヒカンを剃ったことにより髪質が天然パーマになってしまった。
  • 高校を中退してから数年間、俳優業の傍らガソリンスタンドやカフェなどでアルバイトをしていた時期があった。洋服店でバイトをしていた時にはショップ店員として事務所に無断で雑誌に載ったことがある。また、その勤務経験のおかげで今でも洋服を早く綺麗にたためるという。
  • 共演者からは撮影現場のムードメーカーと言われることが多い。近年の役の影響からクールなイメージを持たれることがあり、自身がパーソナリティを務めているオールナイトニッポン開始当初は「意外だ」という内容のメールが寄せられていた。だが仕事以外ではほとんど喋らないという。また、芝居に関する話を好み、共演者からは「芝居に対してストイック」と評されることが多い。
  • 漫画が好きで、少年漫画を中心に大人買いすることも多い。あまりに数が多いため部屋に入りきらず、実家には階段の踊り場にまで置いてある。好きな漫画に「究極!!変態仮面」を挙げている
  • かなりの酒好きで、トーク番組等に出た際には必ずと言っていいほど話題に上がる。また酒癖が悪く、自宅前の駐輪場で寝てしまったこともある。好きな酒は焼酎とレモンサワー。
  • 性別・世代・職業問わず、幅広い交友関係を持つ。同世代の役者(藤原竜也、高岡蒼甫、勝地涼、塚本高史、山田孝之、妻夫木聡、瑛太、上地雄輔、綾野剛)や、女優上戸彩、井上真央や年上の岩松了、古田新太、大泉洋、やべきょうすけの他、ミュージシャン・俳優の福山雅治やお笑い芸人の明石家さんま、ナインティナインの岡村隆史など。ジャニーズ事務所所属タレントと共演したことがキッカケで嵐の二宮和也、松本潤やV6の岡田准一、生田斗真とも親交がある。映画『キサラギ』で共演した小出恵介、ユースケ・サンタマリア、ドランクドラゴンの塚地武雅、香川照之とは定期的に集まり、食事会をする。特に同世代の俳優とは広く親交があり、本人も「仲良く話せない人はいない」と発言している。