大泉洋 « 芸能人の彼氏・彼女の噂や、演技や歌の評価なら芸能人情報データベース

大泉洋

大泉洋さんの情報です

大泉洋さんの気になる噂(彼女情報など)

大泉洋さんの演技や、出演作品のレビュー

大泉洋さんの出演動画

大泉洋さんの基本情報




大泉洋さんの気になる噂

上戸彩&大泉洋のキスシーン秘密!「暴れん坊ママ」の裏で
★仮面ライダーW桐山漣有末麻祐子、熱愛★


大泉洋さんの演技や、出演作品のレビュー

ハケンの品格のレビュー
赤鼻のセンセイのレビュー
アフタースクールのレビュー
ゲゲゲの鬼太郎のレビュー
大泉洋、結婚後初の公の場は演技に集中! スベリまくる役どころにヘコむ


大泉洋さんの出演動画

他の出演動画をみる


基本情報(wikipediaより抜粋)

CREATIVE OFFICE CUE(業務提携先はアミューズ)、演劇ユニットTEAM NACS、及び劇団イナダ組所属。北海道在住

北海道江別市生まれ。札幌市立真駒内中学校、北海道札幌藻岩高等学校を卒業後、1994年に北海学園大学経済学部経済学科に入学し、演劇研究会へ所属。森崎博之らと仲良くなり、親友同士5人でTEAM NACSを結成。演劇研究会及び森崎の薦めで入団した劇団イナダ組の舞台が評判となり、大学在学中に当時鈴井貴之が主宰する劇団の劇団員に認められ、現在の事務所に所属することになった。

大学在学中の1995年7月、鈴井の斡旋下で北海道テレビの深夜番組『モザイクな夜V3』に出演し、芸能活動を開始。翌1996年10月には同局の深夜番組『水曜どうでしょう』に出演開始し、北海道内でのタレント活動が活発化した。『水曜どうでしょう』は深夜枠での放送にも関わらず、最高視聴率18.6%を記録するなど北海道の枠を超えて全国的人気を得る。

2005年に『救命病棟24時』(フジテレビ)にて全国ネットの連続ドラマ初出演。以後、『小早川伸木の恋』(フジテレビ)、『ハケンの品格』(日本テレビ)など人気ドラマに多く出演。特に『ハケンの品格』では準主役ということで注目度が高まり、北海道(札幌テレビ)での視聴率が関東地区や関西地区よりも高く、平均で25%を超える高視聴率を獲得した(ちなみに関東地区での平均視聴率は20.1%であった)。

また、歌手として「本日のスープ」(全国版オリコン最高位10位)を「北海道限定版」と「全国版」で発売し、『ミュージックステーション』(2004年2月放送) や『うたばん』(2004年5月放送)に出演した。声優としても『千と千尋の神隠し』など複数のスタジオジブリ作品や高坂希太郎監督作品に参加。

北海道に愛着があり、全国的な人気を得た現在も北海道を拠点としている。また、2010年現在でも『水曜どうでしょう』に関しては「行けと言われたらいつでも行く覚悟はできている」と話している(TV雑誌内のインタビューで発言)。

2009年5月2日、フジテレビドラマプロデューサーの中島久美子と結婚を発表した。2人は2005年のドラマがきっかけで知り合ったという(交際は2008年『ロス:タイム:ライフ』出演時の再会以降)。

2010年8月29日、挙式。参加者は親族および友人・番組関係者など(司会は札幌テレビアナウンサーの木村洋二)。

 

    人物・エピソード

    • 教員免許(高校地理・歴史)所持(『水曜どうでしょう』のレギュラー放送中にも教育実習を行っていた)。
    • 趣味はゴルフと料理と食べ歩き。
    • 下着はブリーフ、ビキニブリーフを愛用している(『水曜どうでしょう』でも野外でブリーフ姿になるシーンや旅館で浴衣からはみ出て見えるシーンがある)。水着もビキニ型を愛用。
    • 自分のファンのことを「子猫ちゃん」という。ただし、動物全般が苦手で特に猫は大の苦手。だが、ゾウは例外である。
    • 自分の両親のことを「パパ・ママ」で呼んでいる。
    • 自分の出演したドラマや舞台の放送はほとんど見ない。演技をしている自分を見るのが恥ずかしいとのこと。しかし、自分の出演したバラエティ番組は録画して視聴している。
    • 出身は北海道で元々プロ野球は巨人ファンだったが、2004年に日本ハムファイターズ(現北海道日本ハム)が本拠地を東京ドームから札幌ドームに移転したことがきっかけで鞍替えをした。
    • 『1×8いこうよ!』でのコメ作りなどの農業企画を通じて、国際連合が定める国際コメ年(2004年)北海道推進委員会より「国際コメ大使」に任命されている。
    • 目立って訛ったり方言を多用することはないが、「すごく・非常に」を意味するなまらは強調して多用している。
    • 全国発売の「本日のスープ」「起きないあいつ」では作詞を行った。また番組の企画で、奥田民生に低額で曲を作ってもらったこともある。
      • またインディーズ発売の代表曲は、作詞と作曲を担当した「星空のコマンタレブー」や「君には」、「ハナ~僕とじいちゃんと」などがあり、自ら歌っている。但し、楽器はほとんど出来ないため、鼻歌などをサポート担当の作曲家が曲にしていく、という方法で作られることがほとんどである。
    • 『水曜どうでしょう』を見た高坂希太郎やスタジオジブリのスタッフに気に入られ、『千と千尋の神隠し』では番台蛙役に起用された。
    • 同郷のタカアンドトシが2009年2月に福岡放送の『ナイトシャッフル』に出演した際、「なぜ二人は北海道でブレイクするのに時間がかかったのか?」と質問を受け「北海道には大泉洋という怪物がいて、当時はとてもかなわなかった」と語っている。
    • 自他共に認める「騙され上手」であり、『水曜どうでしょう』をはじめとしたHTB関連のローカル番組などでは、何かしらのドッキリが仕掛けられている場合が多く、ネタばらし時のリアクション、直後のボヤキトークが恒例の見せ場になっている。
    • GReeeeNのファンであり、GReeeeNの3rdアルバム『塩、コショウ』のCM出演のオファーを快諾した。
    • 幼少期はプラモデルなどは作らず、バラエティ番組ばかり見る子どもだった。
    • 度々ナインティナインの岡村隆史と食事に行っているが、その度に様々な理由で「喧嘩」している。しかし仲が悪いわけではなく、むしろ友好的な減らず口の応酬を交し合っている。
    • 2010年2月12日、『1×8いこうよ!』の企画の海外ロケで、バンクーバーオリンピックのジャンプ競技・ノーマルヒル予選の会場に訪れた。白地に「1×8」の青色のペイントを、額には赤い日の丸のペイントと「必勝」のハチマキで、現地の観客に混じって日本代表を応援していたところ、これが国際映像に映り、アメリカのYahoo!ニュースにも掲載された。

    アレルギー

    • 白身魚とエビの頭にアレルギーがあり、食すると顔等がぱんぱんに腫れ上がってしまうが、本人は好物なので予防薬を服用した上で食べている(各種出演番組でも誤ってエビを食してしまうハプニングなどが起こっている)。また、ほこりにもアレルギーがあり、外出時(特に冬場)にはマスクを着用しないとくしゃみが止まらなくなる。

    物まね

    声帯模写を特技とする。レパートリーは身内であるOFFICE CUEのメンバー、友人、著名人などレパートリーの範囲は50人を超える。テレビ・ラジオでのトークの端々に物まねを織り交ぜる。

    物まねの代表例

    • 土井善晴 - 土井善晴の独特の口調を真似ている。水曜どうでしょうで披露した際にHTBから好評であった。また、土井善晴本人が『ドラバラ鈴井の巣』においてゲスト出演した際に本人の前で披露している。
    • 田中眞紀子 - これも田中眞紀子が話す独特の口調を真似ている。昔、新幹線でニュースの取材の際、夫との会話を聞き、『笑っていいとも!』では「夫に注意する田中眞紀子」を披露する。
    • 『世界のふしぎ発見』 – ミステリーハンター役、草野仁、黒柳徹子、板東英二を1人でこなす。
    • 柳生博 – 『生きもの地球紀行』のナレーションがベース。ただし、最後は『100万円クイズハンター』になる。
    • 松平健 – 『暴れん坊将軍』がベースとなることが多い。『笑っていいとも!』で披露した物まね。『マツケン・今ちゃん・オセロのGO!GO!サタ』では、本人の前でも披露した。
    • 木村洋二 - STVアナウンサーで『1×8いこうよ!』の共演者。STVアナウンサー森中慎也から伝授された。また、物まねタレントであるホリに伝授し、大泉、木村と3人でトリプル洋二をした。