鈴木紫帆里 « 芸能人の彼氏・彼女の噂や、演技や歌の評価なら芸能人情報データベース

鈴木紫帆里

2度のオーディションに合格し、見事チームBのメンバーになった鈴木紫帆里さんの情報です

鈴木紫帆里さんの気になる噂(彼氏情報など)

鈴木紫帆里さんの演技や、出演作品のレビュー

鈴木紫帆里さんにまつわるエピソード

鈴木紫帆里さんの出演動画

鈴木紫帆里さんの基本情報



鈴木紫帆里さんの気になる噂(彼氏情報など)

AKB48 鈴木紫帆里 衝撃の過去~~(2011年)
twitterでの評判
AKB48研究生】鈴木紫帆里スレ3(2010年)


鈴木紫帆里さんの歌唱力や、演技力のレビュー

しほりんのダンス
鈴木紫帆里さん、ありがとう。(9月30日「シアターの女神」公演を最前列で観たヅカヲタさんからの投稿)


鈴木紫帆里さんにまつわるエピソード

エケペディア
5歳の時のエピソード


鈴木紫帆里さんの出演動画

他の出演動画をみる


基本情報(wikipediaより抜粋)

鈴木 紫帆里(すずき しほり、1994年2月17日 – )は、日本の女性アイドルグループAKB48チームBのメンバーである。
神奈川県出身。AKS所属。
人物 [編集]

幼稚園年長組の1年間と小学校1年生の合計2年間をシンガポールで過ごした帰国子女。
恵まれたスタイルと、抜群のダンスセンスを持つ。
特技は暗算[3]。得意科目は数学であるが、2011年9月2日放送分『週刊AKB』抜き打ちテスト企画では数学がなくても3位/18名中(302/500点)の実力を示した。
AKB48メンバーで最も仲が良いのは7期生時代の同期の佐藤すみれ。鈴木を「ひほりん」と呼ぶのは佐藤だけ。
公式発表の出身地は本人が最も長く住んでいる神奈川県であるが、出生地は栃木県。
AKB48関連 [編集]
7期研究生時代
オーディションでは「愛のうた」(倖田來未)を歌い合格[4]。
キャッチフレーズは、「ハイ、食いしん坊バンビ、しほりんこと鈴木紫帆里です」。
研究生としてのデビュー当初から委員長キャラで、常に優等生だった(「委員長」というニックネームは佐藤亜美菜がつけたらしい[要出典])。当時は主に仁藤萌乃のアンダー(代役)を務めていた[4]。
進学校の高校に入って以降、「学業とAKBとどっちを取るかってのをずっと悩んでたので、それを悩んだままずっとAKB続けてると、他のメンバーさんにも申し訳ないっていうのを思ってたんで、どっちか自分で決めるっていう意味で、一度自分をAKBから離してみようと思って」、2009年8月23日、日本武道館での「AKB48 104選抜メンバー組閣祭り」終了後に辞退をスタッフに伝えようと考えていたところ、同コンサートで新チームBへの昇格が発表されたため、「正直『あぁ…どうしよう…』というのをすごい(思って)、嬉しかったんですけど、戸惑いの方が多かった」。結局、昇格発表から6日後の同年8月29日、AKB48劇場での研究生公演で、同月末での研究生辞退を表明[4]。
11期研究生時代
先述の通り、一旦は辞退したが、「同期生の子がテレビで見てて頑張ってる姿を見て刺激され」「諦めきれなかった」ことと、「AKBの方を、今しか出来ないことだと思って、で、私にとってどっちが大事かって言ったら、AKBの方が大事だったので、AKBに賭けようと思って、学校の勉強も大事だったんですけど、その旨を両親に伝えて」再度研究生オーディションを受けることを決心し応募した[4]。
オーディションでも再受験の理由について聞かれ「自分が一番成長できる環境が、AKBが整っていると思ったので」と述べている。歌唱試験では「自分らしさ」を歌い合格。合格後、本人が連絡していないにもかかわらず、スタッフから鈴木の再合格を知らされた他のAKB48メンバーらから「もう一度やれるんだね」というメールが届いたという[4]。
キャッチフレーズは、「高校2年生16歳のしほりんこと鈴木紫帆里です」。
2011年4月24日の公演(11期再加入後101回目の公演)からキャッチフレーズは「はい! シアターを支える3本目の柱になりたい、しほりんこと鈴木紫帆里です。よろしくお願いします」 に変わった。
「チームB推し」での愛称は「パープル・バンビ」。この「パープル」は多田愛佳がつけたと2011年2月5日の握手会で本人が発言していた[出典無効]。
チームKの秋元才加、宮澤佐江の「ツインタワー」に対して、佐藤すみれと2人で「ダブルタワー」と称されることがある。
各チームのアンダーとして劇場公演に出演する場合、チームA公演では篠田麻里子、チームK公演では宮澤佐江、チームB公演では河西智美などエース級メンバーのアンダーを務めた[5]。
チームB昇格後
正規メンバーに昇格後も研究生時代に引き続き『チームA 6th Stage「目撃者」』公演は2011年6月12日、『チームK 6th Stage「RESET」』公演では同年7月19日までアンダーとして出演していた。
2011年現在、研究生を含めたAKB48メンバーの中で身長が最も高い[6]。