上野樹里 « 芸能人の彼氏・彼女の噂や、演技や歌の評価なら芸能人情報データベース

上野樹里

のだめや江役が人気の不思議ちゃん、上野樹里さんの情報です

上野樹里さんの気になる噂(彼氏情報など)

上野樹里さんの演技や、出演作品のレビュー

上野樹里さんにまつわるエピソード

上野樹里さんの出演動画

上野樹里さんの基本情報



上野樹里さんの気になる噂(彼氏情報など)

上野樹里さんは・・・・
上野樹里さんに彼氏、恋人っているのですか?? そろそろお年頃だしこれくらいいいと…(2008年)
上野樹里、彼氏との別れ話を告白!芸能人プチ情報5連発!(2007年)


上野樹里さんの演技や、出演作品のレビュー

のだめカンタービレ 最終楽章 前編のレビュー
キラー・ヴァージンロードのレビュー
奈緒子のレビュー
大河ドラマ『江~姫たちの戦国』。。。上野樹里の演技力
上野樹里さんは演技派ではないのですか?知恵袋内でもあまり上野樹里さんを押す声…


上野樹里さんにまつわるエピソード

上野樹里、wikiにないエピソード
上野樹里のエピソード
上野樹里の対談、インタビュー集


上野樹里さんの出演動画

他の出演動画をみる


基本情報(wikipediaより抜粋)

上野 樹里(うえの じゅり、本名同じ、1986年5月25日 – )は、日本の女優。
兵庫県加古川市出身。所属事務所はアミューズ。愛称は「じゅりっぺ」「じゅっちゃん」「樹里」。
身長167 cm。スリーサイズB: 80 cm W: 58 cm H: 85 cm。足のサイズ 24 cm。日出高等学校(途中普通科から通信制へ編入)卒業。シンガーソングライターの上野まなは実姉。

略歴

2000年、小学館のファッション誌の専属オーディションに応募。落選したものの、モデル事務所ウィルコーポレーション(のちにアミューズに吸収合併。2004年5月14日にアミューズ公式ファイルに初登場して移籍が判明)に所属することになる。
2001年、当時P&Gヘルスケアから発売されていた「クレアラシル」の3代目イメージガールに選ばれ芸能界デビュー。
2002年、NHK月曜ドラマ『生存 愛する娘のために』で女優デビュー。
2003年、NHK朝の連続テレビ小説『てるてる家族』のヒロインオーディションで次点となり、ドラマでは三女秋子役を演じる。
2004年、主演した映画『スウィングガールズ』のヒットで広く知られるようになり、第28回(2004年度)日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した。
2006年、月9ドラマ『のだめカンタービレ』の野田恵を演じて脚光を浴び、第51回(2006年10月期)ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞を、また、2007年度エランドール賞 新人賞を受賞した。
2007年5月23日、ドラマ『のだめカンタービレ』の劇中使用曲であった「おなら体操」でエピックレコードジャパンから歌手デビュー。
2007年12月5日、小椋佳作詞作曲のシングル『じーじのえてがみ 〜グランドファザーズ・レター〜』を発売。
2008年、木10ドラマ『ラスト・フレンズ』の岸本瑠可を演じて役の幅を広げ、第57回(2008年4月期)ザテレビジョンドラマアカデミー賞助演女優賞を、第12回「日刊スポーツ・ドラマグランプリ(GP)」の春ドラマ・助演女優賞、また、2008年ギャラクシー賞 6月度月間賞を受賞した。
2010年、Twitterを通して出会った男女5人の青春群像ドラマ『素直になれなくて』(フジテレビ系、木曜22時)で瑛太と8度目の共演。
2010年6月30日、自身が作詞作曲したシングル『えがおのはな』を発売。NHK『みんなのうた』の2010年6月・7月のオンエア楽曲。
2011年、『江〜姫たちの戦国〜』の江役でNHK大河ドラマ初主演。

人物

家族構成は父親と姉が二人。母親を中学時代に病気で亡くしている。シンガーソングライターの上野まなは実姉である。
幼稚園から小学六年生までピアノを習っており、演奏できる楽器はピアノとサックスである。また、作詞作曲ができピアノで弾き語りができる。
特技は陸上短距離である。中学時代は陸上部のエースとして活躍していた。
趣味は音楽鑑賞と料理。和食をよく作り、肉より魚が好物。
視力が低く、中学校からコンタクトレンズを愛用している。
女優を目指し始めたきっかけについて、初めはモデルか歌手に憧れていたが、母親の「芝居もできたらええのになあ」という言葉で女優を目指し始めた。と語っている。
普段は関西弁を使っているため、標準語を話す時は敬語が抜けたり時々会話が変になってしまう。
座右の銘は「早く丸くなる必要はない」。
漫画『のだめカンタービレ』の原作者、二ノ宮知子と誕生日が同じ。
演技をする上で大切にしていることは、自分をよく見せようとしないこと。
女性として憧れる女性像は、人の悩みを解決できる人。「ああ、そんなの大丈夫よ!」って元気づけられる人。

エピソード

かなりの天然である。『SMAP×SMAP』の「BISTRO SMAP」に出演時、栗とトリュフを、またキンメダイの肝とフォアグラを間違えてしまうなど天然っぷりを披露したため、SMAPの中居正広に「将来マラソンの松野明美さんみたいになる」と言われたが、上野は松野を知らなかった。2007年4月11日放映のTBS『はなまるマーケット』に出演時、イギリスのブリストル大聖堂でオルガンを聴かせてもらったことを話したが、「その曲が『運命』だったんですよー」と言って、口ずさんだ曲は明らかにバッハ作曲の『トッカータとフーガニ短調』であった。
『てるてる家族』で共演した上原多香子によると「私もみんなから良く天然だといわれるんですけど、樹里ちゃんの方がすごい」という。普通に話していたら上野が真剣な顔で「ウン、ウン」としきりにうなずいていたので話を振ったら、それまでの会話を全く聞いていなかったという事がしょっちゅうだったらしい。また、秋子は原作ではマジメな優等生役だったのだが、製作者が上野を面白がって「行き詰まると突然マンボを踊り出す」役にしてしまったそうだ。
バラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』のコーナーの一つ「め安箱」にて、光浦靖子に、「ワサビ寿司を食べる前に『何か入ってる!』って言っちゃう子」という性格の分析をされている。
親交のある岸谷五朗は、上野に対して「違う動物かな?会話が最後まで成立しない!(笑)」と語っている。
『ラスト・フレンズ』の撮影時、主題歌を歌う宇多田ヒカルが音楽番組収録で同じスタジオにいると聞き、楽屋を訪ねた。その際彼女に「ファンです!」と言って、アルバム『HEART STATION』の収録曲では「テイク5」が好きと答えた。宇多田曰く「頭上に花が1本生えているような印象」を受けたらしい。

女優として

以前は小さな事務所に所属していたために、『スウィングガールズ』まではほとんどの役をオーディションで得ていた。『てるてる家族』の最終オーディションでは、尻字(お尻で文字を書くこと)を実演した。「特技って言われて、特になかったので、尻字でいいやって。”おもしろいことをしたほうがいいだろうな。でも、おもしろいことっていっても特にないな”って思って、”何でもいいや!”って、審査員の前で自分を捨てました(笑)」と語っている。
『スウィングガールズ』撮影中も演技が上手く行かず悔しくて泣いていた上野を、しばらくして監督が慰めようしたらゲラゲラ大笑いしていたという。また、主人公が鼻をほじるシーンで女性タレントとして超えていいラインなのか悩んだ上野は、所属事務所に電話確認をし「そんなにやりたいなら好きにしなさい」と言われる。その後監督に「君はアイドルになりたいの? 女優になりたいの?」と訊かれると、すかさず「コッチです!」と鼻の穴に指を突っ込んだ。同作品は音楽を演奏する役なのに、オーデションでは何故か光るピアノしか出来ない事を必死にアピールしその個性の強さが監督に気に入られた。
共演した俳優や監督からはよく”天才”と評される。『てるてる家族』で共演した岸谷五朗が上野の才能を見抜いて、岸谷と同じ事務所のアミューズに移籍させた。
『虹の女神』では主人公の言動に納得が行かず、撮影を中断して監督や出演者とディスカッションした。プロデューサーの岩井俊二に自分の演技論を熱くぶつけたが、一蹴されたため泣き出してしまった。しかし岩井は上野の演技に対する熱意に一目置くようになった。
『奈緒子』では上野演じる奈緒子と共演者の三浦春馬演じる雄介とは二人の過去のいきさつから距離感のある役柄の設定であり、上野と三浦自身も当初は距離感があったというが、クランクインまでに仲良くなった上で、作品では距離感のある演技を表現できるように心がけたという。三浦は上野に対して、「凄くお芝居を追及する方。僕が軽い気持ちで雄介(役名)のこの台詞どう思う?って聞いたら、凄く熱く真剣に考えて語ってくれて、僕は軽いノリでそんなに真剣に聞いたわけじゃなかったので、その時は凄くびっくりしました。自分の役だけじゃなくて他の人の役もしっかり考えてくれる人って、なかなかいないんじゃないかな。」と語っている。