横山由依 « 芸能人の彼氏・彼女の噂や、演技や歌の評価なら芸能人情報データベース

横山由依

横山由依さんの情報です

横山由依さんの気になる噂(彼氏情報など)

横山由依さんの演技や、出演作品のレビュー

横山由依さんにまつわるエピソード

横山由依さんの出演動画

横山由依さんの基本情報



横山由依さんの気になる噂(彼氏情報など)

北原里英と横山由依が怪しい件 5(2011年)
AKBの横山由依さんって過去に熱愛報道とかありましたか? または、現在熱愛の噂っ…(2011年)


横山由依さんの歌唱力や、演技力のレビュー

横山由依さんについて
Soul of AKB48:横山由依の場合
【フラゲ】横山由依の後ろでウナダンスがキレすぎてる件


横山由依さんのエピソード

AKB48の横山由依さんは努力家と聞いていろいろエピソードを聞きました。 でも、…
最近AKBで人気急上昇してる指原莉乃・横山由依について詳しく教えてください。
エケペディア


出演動画

他の出演動画をみる


基本情報(wikipediaより抜粋)

横山 由依(よこやま ゆい、1992年12月8日 – )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループAKB48チームKのメンバーである。
京都府出身。AKS所属[2]。

人物

幼少時は「やんちゃ」、「野生児」[1]。
SPEEDが好きで、特に今井絵理子が好きだった[1]。
幼稚園の時に初恋を経験。皆が憧れる男児を好きだったが片想いに終わった[1]。
幼稚園年少組から音楽教室でエレクトーンを学び、小学校2年生からドラムを学ぶ[1]。
小学校の時は勉強の成績は良く、体育と音楽が得意だった[1]。
小学校6年生まで自分のことを「ゆいちゃん」と呼んでいた[11]。
自分で「ゆいはん」と呼ぶのはあまり好まない[11]。
体育では走るのが好きで町内駅伝大会や陸上大会のリレーに出場したことがあり、町内駅伝大会では常に優勝か2位だった[1]。
小学校4年生の時に大阪城ホールにおいてCHEMISTRYのコンサートを観賞してから芸能界に興味を持つ[1]。
中学校では3年間、バスケットボールに熱中し、中学三年生の時に体育大会で優勝。この中学生時に体力と精神力を養え、団体競技に自分が向いていると感じた[1]。
中学2年生から歌のトレーニングに励んでおり[12]、大阪のハートボイススタジオミュージックスクール[要出典]に通っていたともされるが、時期や期間は不明。
中学校時代、ソニーミュージックアーティスツ[要出典]にも在籍していたことがある。
高校在学中はバンドを組んでおり、ヴォーカルを担当[要出典]。
将来は素敵な歌手になり、夢を与えられるような魅力ある人になりたいと思っている[12]。
好きな食べ物は牛丼。店に一人で入りづらく、もっぱらテイクアウト[12]。
趣味は散歩と音楽鑑賞[13]。
憧れるアーティストに、CHEMISTRYと、いきものがかりを挙げている[13]。最終オーディションでは、いきものがかりの「ブルーバード」を歌った[要出典]。

AKB48関連

キャッチフレーズは「金閣寺よりも輝きたい!京都出身の横山由依です」[13]。
公式ニックネームは「ゆい」「ゆいちゃん」だが、一部では京都弁化して「ゆいはん」と呼ばれることもある。しかし「ゆいはん」呼びには慣れておらず[14]、オールナイトニッポンでは「ゆいはん」と書かれていたリスナーからのメールを「ゆいちゃん」と自分で読み替えて紹介した。ファンに対しては「ゆいちゃんって呼んでください」とのこと[11]。
「夢を叶えるための一つの通過点」というAKBのコンセプトを気に入ったことが、AKB48の研究生(9期)オーディションに応募したきっかけとなっている[12]。
高橋みなみ曰く「みんなが認めるぐらいに」「超努力家」。篠田麻里子からも、「(高橋)みなみの次に尊敬してるぐらい、本当に努力家」と評されている[15]。
オーディション直後の候補生時代は京都から通っていたが、セレクション合格後に上京。
候補生時代は京都の高校に通いながら放課後はアルバイト、帰宅後に自主練習をしていた。金曜日の夜行バスで東京に向かい土日はレッスンに参加し、再び夜行バスで京都に帰宅する日々を送っていた。夜行バスの交通費と宿泊ホテルの利用料は自身のアルバイト代で賄っていた[4]。
関東地方以外出身の研究生から正式メンバーへの昇格は横山で6人目、近畿地方出身者の昇格は初めて。
関東地方以外の出身メンバーである、指原莉乃、大家志津香、北原里英、小森美果らとプライベートで「地方組」として仲がいい[要出典]。
2010年6月、新チームAが新公演の準備を進める中、ダンスコーチから振り付けなどを学び、多忙でレッスンに参加できない篠田に内容を伝える中継役を、他の新チームAメンバーの協力を得つつ務めている[4]。
2011年3月、『第3回沖縄国際映画祭』に参加し、他の11人のAKB48メンバーらと共に、東日本大震災後、初のイベント出演やライブを行う[16]。
2011年4月から始まる予定の「AKB48 YJ7 vs YM7神保町・護国寺大戦」に、YJ7チームメンバーとして参加。横山は、「めっちゃ楽しみ。楽しみながら勝ちたいです」と述べた[17]。
2011年5月9日からテレビ東京系で放送される「世界卓球2011ロッテルダム」において、他の9人のAKB48メンバーと共に日本代表を応援するサポーターとして参加する。横山は「同世代の人たちの健闘ぶりを見て私もプラスにできたら」と語り、番組に出演するなど様々な形で中継を盛り上げる予定[18]。
AKB48劇場支配人・戸賀崎智信は、「横山はレッスンの量は人一倍、リハーサルの30分前には来ている努力の人で、朝から晩までAKB48のことを考えており、ちゃんとやれば評価されることを周囲に示せる、正式メンバーになる資格を持った人でもある、彼女が昇格したことに文句を言える人はいない」という趣旨の発言をしている[4]。

Not yet関連

メンバーとなったことについて、当初実感が湧かなかったが、聞く人に元気を与えられるようなユニットにしたいと述べ[19]、1stシングル「週末Not yet」のタイトル曲については、聞いた人が元気になる曲[19]で、キーが歌い易く、録っていて気持ち良かった、と語っている[20]。Not yetのレコーディングの際、横山は当初それとは知らず、ドキュメンタリー映画のエンディングの録音だと思っていた[5]。同作品の通常盤Bに付属されているDVDに収められるショートフィルムの演技について、「演技らしい演技をするのが初めてで、気持ちの作り方とか判らず難しかったが、演技することに興味が湧いてきたので勉強したい[19]」とのこと。ダンスは2コーラス目のサビの振り付けが凄く好き[20]だが、得意じゃないので、PV撮影は、がむしゃらにやったと述べる[19]。また、同作品関連の写真撮影も難しかったとし、写真撮影の際に自分がどういう顔をしているのか、今後研究したいとしている。同DVDのメイキング映像で大島や北原が、「やる度にうまくなる、成長する」と横山を評している[19]。